第13回ヴィクトリアマイル2018予想 血統と各馬寸評

ヴィクトリアマイル

2018年5月13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ、芝1600m)の予想ページです。

昨年は11番人気デンコウアンジュが二着に突っ込んでくるという予想の大変難しいレースでしたが、今年も有力馬の多くがいずれも死角を抱えており、難解なレースであることは間違いありません。

第12回ヴィクトリアマイル2017 予想
来週はオークス、再来週は日本ダービーとクラシック戦線の大一番を迎えるわけですが、今週(2017年5月14日)の競馬は夏の古馬最強牝馬決定戦の第12回ヴィクトリアマイル(GⅠ...

まだ枠順などは決定していませんが、この記事では登録段階での各馬の血統や過去のレースなどを参考にしながら大まかな予想をしてみたいと思います。

※最近は予想記事の検索結果が芳しくないので、競馬特化サイトであるウマナミのほうでのみ予想をしようと思いましたが、昨年のレースの予想記事が大変アクセスを集めたので今回はこのブログでも予想記事を掲載します。

(画像引用:JRA公式サイト「ヴィクトリアマイル」より)

スポンサーリンク


出走予定馬寸評

アエロリット

父:クロフネ 母の父:ネオユニヴァース

昨年のNHKマイルカップ(GⅠ)の勝ち馬ですが、当時はクロフネ産駒の中級馬と見ていて軽視していました。その後クイーンステークス(GⅢ)では速いペースで行ってそのまま逃げ切るというかなり印象的なレースをしたように能力は相当高いと思いますね。

この馬の場合は調子というか自分との闘いでしょう。

血統はもまれ弱いものの勝つときは物凄い強い勝ち方をするクロフネ産駒に母系は従弟にミッキーアイルがいて、Nureyevやアリダーなどが配合されているなど良血馬で底力は十分です。

これまで乗ってきた横山典騎手ではなく戸崎圭太騎手に代わるのが気がかりですが、スピードに関しては最上位であり自由に走らせるとそのままぶっちぎって勝つ可能性もあります。

ただ、ほかの馬の騎手たちもそのあたりは分かっているはずで、早めに並びかけられる可能性が高くかなり内目の枠がほしいですね。

アドマイヤリード

父:ステイゴールド 母の父:Numerous(Mr Prospector系)

昨年の同レースの勝ち馬ですが、その後は勝ちれないレースが続きました。時折見せる末脚は迫力がありますが、それがいつ発揮されるか分からないステイゴールド産駒らしい馬ですね。馬券は非常に難しいです。

母系を見るとMr Prospector(ミスタープロスペクター)系のNumerous(ニューメラス)にKenmare(ケンマーレ)×Irish River(アイリッシュリバー)という配合ですが、調子がいい時は仕事をするものの逆もありそうな感じがしますね。

個人的にはパンパンの良馬場やスローペースになりそうだと切ろうかなとも思っています。

突っ込んでくるとしたらレインボーラインの天皇賞の時のように、各馬が最後フラフラになるような持久力勝負になった時だと思いますね。

カワキタエンカ

父:ディープインパクト 母の父:クロフネ

ディープインパクト産駒の珍しい逃げ馬だと思ったら母の父がクロフネで納得ですね。気性的に難しいところがあるのでしょう。

近走好調ですが、戦ってきた相手が若干弱く、レースでも楽に逃げられているので今回は若干割引は必要でしょう。

秋華賞は5着に逃げ粘っているように力はあるのでしょうが、早いペースになると同型のアエロリットには及ばないでしょうし、ベストは1000m60秒ちょいぐらいでいくのがこの馬のベストのように感じ、距離はもう少し欲しいような気はします。

母系はクロフネ×フォーティーナイナー×マルゼンスキーというところを見ると、ディープ産駒というよりもイメージとしてはクロフネで見ておいたほうがいいような気がしますね。

東京コースでなんとなく残せるようなイメージが湧きません。

クインズミラーグロ

父:マンハッタンカフェ 母の父:In Excess(カロ系)

本来ならスパッと切りたいクインズミラーグロですが、マンハッタンカフェは忘れたころにやってくるので一応検討候補には入れてみました。

まぁ現実的に考えて厳しいんでしょうが、僕のマンハッタンカフェの激走パターンは前半ゆったりとしたペースを好位で追走して、勝負所で一瞬だけ鋭い足を繰り出して来ることだと分析しています。

そうなると内枠が欲しいところですが、調教で動いてハイペースになっていいポジションをとれるなど条件はいろいろ必要だと思います。

血統的にも早い馬が少なく、できれば少し時計がかかったほうがいいですし、やっぱり厳しそうですね。血統を見たときに思ったのは丈夫そうというぐらいです(笑)。

ジュールポレール

父:ディープインパクト 母の父:エリシオ

昨年はまだ底を見せていないということで僕が対抗に推した馬だったんですが結果は3着でした。

昨年のエリザベス女王杯の大敗はありますが、前走阪神牝馬ステークスは休み明けの瞬発力勝負で5着に残っておりかなり不気味です。

兄にマイルチャンピオンシップの勝馬サダムパッテック(父フジキセキ)、母系はエリシオ×ミスタープロスペクターで爆発力には欠けるかもしれませんが、軽さやゴール前でのひと伸びもありそうで軽視はできません。

ケイアイノーテックみたいにハマると面白い存在です。

ソウルスターリング

父:Frankel 母の父:Monsun(ブランドフォード系)

昨年の春まではオークスでの強い内容もあり圧倒的評価の高かった馬ですが、古馬戦線に挑戦してから普通の馬になってしまいました。前走も休み明けとは言え、少し負けすぎです。

血統は父が世界的名種牡馬Galileo(ガリレオ)の代表産駒であり名馬のFrankel(フランケル)に母系はフランスやドイツの血で構成されています。

父フランケルはスピード化が進んだとは言え瞬発力というよりもジワジワと最後まで伸びることに長けているサドラーズウェルズ系ですし、母の父Monsun(モンズーン)はドイツが産んだ長距離血統で東京のパンパンの良馬場でのマイル戦が合うかというと、まったく合いません。

あとはこの馬の能力がどこまで高いかという点だけが頼みですが、近走調子がもう一つという点や瞬発力勝負には弱い、調子が落ちると復活しにくいノーザンダンサーの系統ということでほとんど買える要素がないんですよね。

個人的にはもう一回だけ信じてみようかとは思いますが、感情抜きに考えると買えません。

スポンサーリンク


デアレガーロ

父:マンハッタンカフェ 母の父:Souvenir Copy(Mr Prospector系)

古馬になってからは重賞初挑戦となった前走京都牝馬ステークスはミスパンテールの二着でした。まだあまり走っていない点で底が割れておらず未知の魅力はありますね。

血統面は超大物はいないもののしっかりと勝ち上がってくるマンハッタンカフェですが、前走二着に終わったところが何となくこの血統らしい感じがしますね。

母の父Souvenir Copy(スーベニアコピー)はアメリカの中級馬のようで活躍馬はこの馬の母ぐらいであまりいませんが、母系は日本に合いそうな種牡馬が並びます。

ただデアレガーロの兄弟たちを見ると二着三着は多いものの勝ち切れてないですね。

大外をぶん回して雄大に伸びてくるタイプではないと思うので枠によっては面白いといった評価に落ち着きます。

デンコウアンジュ

父:メイショウサムソン 母の父:マリンエバート(Nijinsky系)

昨年の同レースの二着馬ですが、この馬についてはよく分かりません(笑)。

血統的にも父がオペラハウス産駒のメイショウサムソンに母系もパワー型のNijinskyの系統で、まったく鋭い末脚は持っていないように感じるものの、昨年の激走も意味不明でなぞ多き馬なんですが、何なんでしょうね。

一つだけハッキリしてそうなのが、あまり時計が早すぎると対応できなさそうなのと、突っ込んできても頭はなさそうな点でしょうか。

こういったタイプはいったん狭いところに入ると抜け出す足はなさそうですし、真ん中のほうの枠がベストでしょうね。

今回も切りますが、来てもこの馬なら訳が分からないのであきらめがつきます。

ミスパンテール

父:ダイワメジャー 母の父:シンボリクリスエス

現在四連勝中であり、アエロリットの主戦であった横山典騎手がこちらを選択してきたということで注目です。

阪神牝馬ステークスまでは差す競馬をしてきたのですが、このレースはスローペースということもあったのか一転して逃げて連勝をキープしています。

ここ四戦のレースを見ると、いずれも直線で余裕をもって追い出しており能力の高さと鞍上の信頼を感じるので、関係者は非常に強い馬だと見ているのではないでしょうか。

父ダイワメジャーは先行力のあるスピード馬を多く輩出しており、その活躍は2歳や3歳が多いのですが、この馬は抑えもききそうで少し雰囲気が違いますね。

直系は気の強さが幸いして安定した種牡馬成績を残しているとはいいがたいシンボリクリスエスですが母の父としてはこれからもっと活躍馬を送り出してくるかもしれません。

近親にとてつもない活躍馬がいるわけではありませんが、マルゼンスキーやシルバーシャークなど日本にあった血が配合されており、日本的な軽さという点ではバランスのいい配合に感じます。

あとはGⅠでどこまで決め手が通用するかでしょう。

リスグラシュー

父:ハーツクライ 母の父:American Post(Sea-bird系)

溜めてはとらえ切れず、早めにしかけると最後はさらりと交わされ善戦ぶりが板についてきましたが、いかにもハーツクライ産駒というレース結果が続きます。

ハーツクライ産駒のパターンとして相手が弱くなると途端に強い勝ち方をするのですが、そのまんま東京新聞杯を勝った時は笑ってしまいましたが、阪神牝馬ステークスは安定の三着。

テンプレート通りのハーツクライ産駒ですが、そうなるとGⅠで勝つとすれば東京コースしかありません。しかもこれまでの他の産駒の激走パターンは突如とした先行抜け出しになるのですが、今回ポイントはスタートでしょうね。

五分に出れれば勝つ可能性はあり、大負けはないでしょうがやっぱり二着三着という可能性は大です。

そう考えると相手は前に行った早い馬か、後ろからとんできた決め手が鋭い馬が相手になるような気がします。

レッツゴードンキ

父:キングカメハメハ 母の父:マーベラスサンデー

前走高松宮記念は昨年に引き続きの二着と力はありますね。さすが桜花賞馬であり、どんな条件でも走るのは素晴らしい能力だと思います。

気になるのは同じようなローテーション、成績で挑んだヴィクトリアマイルが二年続けて凡走している点ですね。

古馬になって安定した成績を残せるようになってからもこの二レースの凡走ぶりだけが不可解なのですが、もしかしたら条件が合わないという可能性もあります。

特徴は勝負所で動ける操作性がのこの馬の持ち味ですが、爆発的な決め手とゴール前での踏ん張りにかけるのが弱点ですがラスト2ハロンの競馬になるような中京や阪神競馬場なんかのほうが向いているのかもしれませんね。

直線を向いてから残り3ハロンから1ハロンまでが11秒前後になって、最後の1ハロンが我慢比べになる東京コースは苦手なのでしょうか。

血統は面白いぐらい詰めの甘い血が配合されており、父キングカメハメハも古馬になって瞬発力を活かすタイプではありませんし、母系のマーベラスクラウン、ジェイドロバリー、リアルシャダイなどいずれもGⅠになると勝ちきれない血ばかりです。

底力とスピードの要求される東京マイル戦ということを考えると、力はあるものの血統上は買えませんね。

レッドアヴァンセ

父:ディープインパクト 母の父:ダンシングブレーヴ

五歳馬ですが、ここまでGⅠでも上位にはこないものの大崩れがなく能力を感じさせる馬ですね。前走阪神牝馬ステークスで二着に来たことにより、穴馬として見ている方も多いでしょう。

ただ、個人的にはお母さんのエリモピクシーに何となく雰囲気がそっくりという感じがします。

エリモピクシーの現役時代も知っていますが、末脚も鋭く同じように大物感を漂わせてはいたのですが、結局詰め切れないレースが続き大きなところは勝てませんでした。

同様にディープインパクト産駒にはこのような末脚が鋭いので過剰人気になるような馬が多いのも気になりますし、来そうでこないような感じがしますね。

前走もスローペースをたまたま二番手に付けていただけという感じもありますし、ある程度人気しているようなら買ってもうま味がありませんね。

スポンサーリンク


切る予定の馬

エテルナミノル・・・近走は特出する部分もなく、エンパイアメーカー産駒ということで底力不足、決め手不足と見ます。ローカル向きという印象です。

メイズオブオナー・・・今やGⅠではディープインパクトより怖いハーツクライ産駒ですが、上級馬は早い段階から素質を見せます。良血馬でこれから化ける可能性もありますが、それでも秋以降でしょう。

ラビットラン・・・昨年のローズステークスの頃はなんでこの馬が芝の良馬場でこんなに走るのかな?と不思議だったんですが、やはり勝ちきれなくなってきました。やはりパワー系の馬ということで決め手&スピード不足でしょう。雨が降ってやっと検討段階に入ります。

リエノテソーロ・・・昨年のNHKマイルカップの二着馬ですがGone West系の先細り感をやはり発揮し始めました。現在の調子では下のグレードでも厳しいと思います。

レーヌミノル・・・昨年の桜花賞馬ですが決め手不足であり、最後のひと踏ん張りがききませんね。ダイワメジャー産駒は調子がいい時しか買えません。

ワントゥワン・・・典型的なディープインパクトの中級馬という感じですね。下級条件で後ろからしか行けずに差し切れないディープは切りです。激走血統ではありません。

ヴィクトリアマイル2018予想(登録段階)

◎ リスグラシュー
〇 ミスパンテール
▲ アエロリット
△ ジュールポレール
×  レッツゴードンキ
注 アドマイヤリード

最終的な予想はウマナミで行います。

関連記事