2018年のダービー馬を探せ 現時点での有力3歳馬をチェック

今週は皐月賞のトライアルレースである弥生賞(GⅡ、中山競馬場、芝2000m)が行われ、いよいよクラシックレースの足音が近づいてきました。

今回は弥生賞の展望と行きたいところですが、競馬関係者たちの大目標である日本ダービーに向けて現3歳馬の有力度をチェックしてい見たいと思います。

スポンサーリンク


弥生賞組

ダノンプレミアム

父:ディープインパクト 母の父:Intikhab(Roberto系)

3戦3勝の三歳王者です。→弥生賞1着

朝日杯FS(GⅠ)は遅くないペースを先行しながら最速の上りであがるなど全く危なげのない勝ち方であり、近年の勝ち馬の中でもかなり記憶に残る勝ち方でした。

恐らく現時点ではマイル以下なら頭一つどころか二つは抜けているでしょうが、2400mの距離になると、スピードがあり過ぎるのと若干まだ頭が高い走り方をしているのが心配ですね。

恐らく2000mまでなら乗り方次第でしょうが、ダービーでは相手次第という感じもします。

今は完成度とスピードの違いで格の違いを見せていますが、どうしても血統的にはどこかで取りこぼすような気がします。

個人的にはベストは京都のマイル戦、マイルチャンピオンシップ(GⅠ)あたりが合っている感じもしますね。

能力診断

身体能力★★★★★ 距離★★ 馬場適正★★★ 底力★★★★

ワグネリアン

父:ディープインパクト 母の父:キングカメハメハ

3戦3勝で今回の弥生賞は試金石になりますね。→弥生賞2着

東京スポーツ2歳S(GⅢ)は三馬身差の楽勝でしたが、倒した相手がルーカスなど一線級とは言えないところが信用しづらいところですね。

末脚は世代内でもしっかりしている部類に入りますが、爆発的に伸びる感じはありませんね。

能力診断

身体能力★★★★ 距離★★★ 馬場適正★★★★ 底力★★★

ジャンダルム

父:kitten’s Joy 母の父:サンデーサイレンス

3戦2勝。前走ホープフルステークスはタイムフライヤーにマークされる形になり二着に敗れましたが展開のアヤでしょう。→弥生賞3着

某サイトのPOGで僕が筆頭指名している馬で応援していますが、母がビリーヴということで距離不安がささやかれているものの、道中我慢できれば2400mも行けると思います。問題はかかるかどうかだけでしょう。

kitten’s JoyはSadlers Wells系の種牡馬で今アメリカの芝レースで一番実績のある種牡馬ですが超大物を出すタイプではありません。

母系からも切れ味勝負はつらいとは思いますが、かといってGⅠで勝負できるほどの底力がないかというとそうでもなく、意外と皐月賞なんかは合うような気がしますね。

どちらかと言えば末脚勝負になる東京コースよりも、阪神や京都のほうが合うような気がしますが武豊ジョッキーの評価が意外と高いので個人的にはうっかり勝たないか期待しています。

ただ血統的には、皐月賞は勝ち負けして、ダービーは5着とか、そういうタイプという感じがしますね。現時点での評価は東京コースならワグネリアンより下、それ以外の競馬場だとワグネリアンぐらいという感じがします。

色々なところで書いていますがダノンプレミアムと同じようにロベルト系の血が強い感じがします。

弥生賞の内容を見る限りやはり切れ味勝負は分が悪く、それでいて一瞬しかいい脚が使えないという印象も受けました。こういったタイプは枠とジョッキーしだいでしょう。

逆に人気が下がりそうで面白い気もします。

能力診断

身体能力★★★★ 距離★★★ 馬場適正★★ 底力★★★

サンリヴァル

父:ルーラーシップ 母の父:アグネスタキオン

ホープフルステークスに続いて弥生賞では2着まであと少しの4着でした。

どちらも逃げ・先行しての内容だっただけにかなり評価はできます。祖母はオークス馬ウメノファイバーで父が中長距離で実績を見せ始めているルーラーシップだけに展開次第では面白さを感じます。

ただどちらかと言えば菊花賞あたりのほうがいいような気もしますね。

5月8日追記

皐月賞は二着でしたが、前に行って粘れるのはやはり魅力であり能力は高いですね。問題は決め手のみといったところでしょうが、勝ちきるには少し馬場が湿ってほしいところですね。

能力診断

身体能力★★ 距離★★★★ 馬場適正★★★ 底力★★★

スプリングステークス組

ステルヴィオ

父:ロードカナロア 母の父:ファルブラヴ

二戦続けてダノンプレミアムの後塵を拝しましたが、れっきとしたGⅠ二着馬です。→スプリングステークス1着

少しエンジンのかかりが遅いのが気になりますが、まだ2着を外していないので軽視はしにくいところですが、ダービーとなるとやはり血統的には厳しそうです。

次走はスプリングステークスを予定しているようですが、どういった走りをするか注目です。

スプリングステークスは先行馬有利な展開をしっかり差し切ったことは評価できますが、やっぱりスタートが悪いのが難点ですね。ダービーに限定しなくても格の高いレースだと致命的です。

能力診断

身体能力★★★ 距離★★ 馬場適正★★ 底力★★

エポカドーロ

父:オルフェーヴル 母の父:フォーティーナイナー

スプリングステークス2着

スプリングステークスでは絶好の手ごたえのステルヴィオを差し返し、ゴールまで粘りのレースを見せましたね。

血統的には母系が切れ味鋭いタイプではないので、今回のようなレースがベストでしょうが、オルフェーヴル産駒待望の牡馬の活躍馬なので期待は高まります。

5月8日追記

その後皐月賞を制しましたが後ろから行った馬が軒並み飛んでいるだけに、展開に恵まれたと見ることもできますね。

血統的に少し母系がダービー向きの血がないのが心配ですが、最近もしかしたら世代的レベルが低いという気がしてきたので、相手次第という感じもします。

今のところは掲示板前後という気もします。

能力診断

身体能力:★★ 距離:★★★★ 馬場適正:★★★ 底力:★★★

若葉ステークス組

タイムフライアー

父:ハーツクライ 母の父:ブライアンズタイム

5戦3勝で昨年GⅠに昇格したばかりのホープフルステークスを勝利した馬です。→若葉賞5着

実は最近気づいたのですが、昔POGに参加してローズキングダムなどを選んでいた時代に、9位指名はこの馬のお母さんの全弟のタイムリープを指名してたみたいで少し驚きました。

弟は四回走って未勝利だったわけですが、こういう血のつながりを楽しむのが競馬の面白いところですね。

京都2歳ステークスではグレイルにマークされて差され、逆にホープフルステークスはジャンダルムをマークして勝利しており、まだ底を見せていません。

走りや血統からすると究極の切れ味勝負になると少し分が悪そうですが、距離適性に関しては2400m以上のほうが合っているでしょうし、東京コースで相性のいいハーツクライということで期待は高まります。

ただハーツクライはここ一番には強いものの善戦タイプが多いので問題はそこですね。どちらかと言えばパワー系の母系なので時計勝負にも少し不安があります。

若葉ステークスは少し太かったというコメントがありますが、相手を考えると勝たなければいけない一戦でした。スタッツを見る限り思った以上に時計勝負、切れ味勝負は向いていないのかもしれません。

能力診断

身体能力★★★ 距離★★★★★ 馬場適正★★★★ 底力★★★

その他

タワーオブロンドン

父:Raven’s Pass 母の父:Dalakhami(Mill Reef系)

5戦3勝で前走朝日杯FSは3着でした。

血統的には3歳の春までかな?と思っていたのですが、個人的には血統的な底力不足を何となく見せ始めたように感じています。

次走はアーリントンカップを予定しているようですが、どうしても2400mのGⅠで勝つような血統構成ではないですよね。

Gone Westの系統なのでGⅡやGⅢで好走しながら今後少しづつ取りこぼしていくような気がします。

能力診断

身体能力★★ 距離★★★ 馬場適正★★ 底力★★

カシアス

父:キンシャサノキセキ 母の父:ディラントーマス(Danehill系)

京王杯2歳Sはタワーオブロンドンの2着に粘りましたが、朝日杯は7着、シンザン記念は3着と底が見え始めました。

血統的にもダービーは相当厳しそうな感じがします。あくまでトライアルレースのヒモ穴までのような気がします。

能力診断

身体能力★★ 距離★ 馬場適正★★ 底力★

追記していきます

関連記事