天皇賞・秋2017の結果と感想(軽めです)

本日東京競馬場で行われた古馬GⅠである天皇賞・秋2017(芝・2000m)は1番人気キタサンブラック(武豊騎乗)が見事人気に応えて勝利しました。

今回のレースは新たなスター候補性の3歳のオークス馬ソウルスターリングや宝塚記念を勝ったサトノクラウン、強い世代のダービー馬と言われているマカヒキ、安田記念から一気にブレイクしてきた切れ者サトノアラジンなど個性的なGⅠホースが多数集まるというドリームレースに近い形でした。

個人的にはパンパンの良馬場でやってどれが一番強いのかハッキリさせてほしかったところですが、先週の菊花賞と同じように不良馬場をさらに引っ掻き回したような物凄い状態でレースが行われタイムは驚きの2分8秒台。

競馬ファンからすると菊花賞の時と同じように”何だそれ?”というような驚きのタイムですが、これだけ時計がかかるような馬場だと少し開催そのものを考えないといけない時期なのかもしれませんね。

とりあえず全馬無事に回ってきたことにはホッとしました。

キタサンブラックの強さのみが目立ったレースに

さて今週はちょっとお疲れ(というか日曜はいつも疲労困憊で頭回らないんですが)なのでささっとレースの感想を書いていきたいと思います。

天皇賞・秋2017の予想と結果

1着 キタサンブラック 2分8秒差3 ◎
2着 サトノクラウン
3着 レインボーライン
4着 リアルスティール △
5着 マカヒキ 注
6着 ソウルスターリング ▲
11着 ヤマカツエース ×
13着 ネオリアリズム 〇

レースの感想

またもやかなり時計がかかりましたね。ハッキリ言っていしまうとこれだけ時計がかかると勝った馬はもちろん強いのは間違いないと言えますが、負けた馬はしょうがないの一言なので、今後の参考には全くならないレースですね。

収穫はもう一つだけ。キタサンブラックはやっぱり強かったということと、宝塚記念は忘れましょう(笑)ということです。

個人的には何度も言いますが、あれをきっかけにスランプに落ちるのだけが心配だったので、あとはキッチリ有馬記念だけ勝ってもらいましょう。ジャパンカップはもう勝ってるので無理させることはない気もしますし、今回のレースのダメージも心配なのであとは残り一走でも僕は満足です。

レース内容に関しては出遅れましたが、結果的にはあれが幸いしましたね。菊花賞の時と同じように先行馬がサトノクラウンを除いてほとんどボロ負けしているので、この馬場にしてはかなり早かったのでしょう。

キタサンブラックにとっては運がよかったのかもしれません。

また各所で言われているように思い切ってインをつけたのはよかったですね。僕は出遅れた時はどうせイン空いているんだし、最悪ショートカットすればいいじゃんと思っていたら、さすがの武豊神(笑)、騎手のゲームの「ギャロップレーサー」をやっているかのように思った通り動いてくれました。

もぅさすが武豊、そしてさすがキタサンブラックという感じでしたね。

あと後付けじゃないんですが、各馬の様子はゲートイン前しか見れなかったものの、ボーと見てて、”お、良い馬がいるな!”と思ったら、それがキタサンだったので、やっぱり直前の雰囲気は良かったみたいですね。

予想の反省

今回も無事予想に関しては外れました(そろそろ洒落にならんw)が、予想に関しては外れたものの中々よかったんではないかと自分的には満足しています。

今回の馬券を取れなかったのは馬場が悪い中サトノクラウンが人気していたのは分かっていたんですが、普通に予想すると上位人気馬ばかりになってしまうので、どれか切らなければいけないと思ってこの馬は切りました。

ただ、当然道悪が得意なのはわかっていたので突っ込んでくるのは想定の範囲内だったわけで、1着に突き抜けないのはある程度想像していたので、馬券は外したものの予想の範疇でした。

また着差があるので何とも言えないところですが、マカヒキがグレーターロンドンやサトノアラジンより好走することは予想していたので、このあたりも我ながら満足ですね。

あと、対抗にしたネオリアリズムに関してはいわばサトノクラウン的なポジションでの穴的なピックアップではあったので大敗もある程度想像済みで、ソウルスターリングも負ける時はもっとあっさりかなと思っていたんで6着に踏ん張っていたのは少し関心してしまいました。

ま、ヤマカツエースはあんなもんでしょう(笑)。

このように馬券は外れましたが、頭の中である程度シミュレーションしてた範囲にはおさまったので、今日のレースは寝て忘れましょうね。

でもそろそろスパッと予想的中したいんじゃい

じゃ、おやすみなさい