ジャパンカップ2017結果と感想

2017年11月26日に東京競馬場で行われたジャパンカップ(GⅠ、芝2400m)のレース結果と感想に関する記事となりますが、すでに有馬記念を最後に引退を発表しているキタサンブラックは見事GⅠ勝利することができたのか振り返ります。

レース前の予想

第37回ジャパンカップ2017予想 もう血統と外国人ジョッキーだけしか信用できません
日曜日(2017年11月26日)に東京競馬場で行われる第37回ジャパンカップ(GⅠ、芝2400m)に関するの予想ページです。 今回のジャパンカップは引退まで残り2戦と...

最終予想は以下の通りでした。

◎キタサンブラック(4)
〇マカヒキ(11)
▲レイデオロ(2)
△シュヴァルグラン(1)
×ソウルスターリング(8)
注ギニョール(3)

枠順決定前の初見では、△はサトノクラウン、注はアイダホとしていたのですが、血統を見ているとやはりサトノクラウンが東京の2400をあっさり勝つ姿が見えてこず上位人気馬からはまず最初に外しました。

またレイデオロに関しては対抗(〇)にあげることも考えたのですが、ある程度今年の3歳馬のレベルが高いと言っても所詮3歳馬ということで踏みとどまり、逆にキタサンブラックを止められるのは何かと考えた場合、実績のある古馬しかいないということで枠順もいいシュヴァルグランが浮上します。

また、最初はシュヴァルグランは対抗という考えもあったのですが、これまで勝ちきった実績がなかっただけに評価は4番手までとなりました。

外国馬に関しては当初アイダホが注という評価だったのですが、やはり差し馬では前が強すぎてどうしようもないということで、あるとすれば唯一先行できそうなギニョールしかないということで入れ替えとなりました。

ソウルスターリングに関してはあくまでも斤量を活かした2着までという評価です。

ジャパンカップ2017の結果(人気馬、予想馬のみ)

1着 シュヴァルグラン 2分23秒7(5番人気) △
2着 レイデオロ(2番人気) ▲
3着 キタサンブラック(1番人気) ◎
4着 マカヒキ(6番人気) 〇
5着 アイダホ
6着 レインボーライン
7着 ソウルスターリング(4番人気) ×

9着 ギニョール 注
10着 サトノクラウン(3番人気)

レースの内容と感想

さてレースを簡単に振り返ってみたいと思いますが、まずいいレースだったと思います。

キタサンブラックが予想通り好スタートを決めて、無理に競り合う馬もなく逃げる展開となりましたが、現役最強馬が小細工なしに横綱相撲でレースを作り、非常に見ごたえは十分でしたね。

結果的に勝ったシュヴァルグランやレイデオロは枠順を活かしていい位置にポジションを取れましたし、上位に来た馬、とういうか出走した馬のほとんどが思い通りのポジションをとれていた感じでしたし、最終的に各馬が力を出し切れたレースだったのではないでしょうか。

そして1000mの通過タイムが60秒2ということでしたが、個人的にはもう少しゆっくり行きたかったかなとは感じましたが、直前や前日のレースでそこそこの時計は出ていたのでキタサンブラックなら何とかしてしまうだろうなと僕は感じていましたね。この時点で勝ち負けはするだろうと思いました。

レースは4コーナーで動き始め各馬が勢いをつけはじめましたが、直線で勝負していたのは三頭だけでしたね。他の馬には失礼かもしれませんが、少し役者が違った感じだったのか全く目に入りませんでした。久々にしびれた叩き合いだったと思います。

勝ったシュヴァルグランに関しては決して遅くないペースの好位からしっかりと伸びてきたことは素直に評価でき、本当に父ハーツクライぽさが発揮できたレースだったと思います。勝つなら東京2400mしかないと予想記事では書きましたが、キタサンブラックの落鉄があったとはいえ、お見事でした。やっぱり調教師が言っていたように力はあったのでしょう。

2着のレイデオロに関してはやはり力はありますね。斤量が55キロというのがうまく活きたという感じはしますが、これからうまく成長してもらいたいですね。

今回のように東京コースは走るとは思いますが、中山でどういったレースをするのかは今後注目です。ただ今後狙うとしたら安田記念あたりでしょうか。有馬記念は若干合わない感じがしなくもありません。

そしてキタサンブラックですが落鉄という情報があります。今回のペースであれば十分踏ん張れる感じだっただけに、少し残念ですね。

4着のマカヒキに関しては僕が対抗(〇)にしていたので、少しだけ面目躍如とはなったようなならなかった感じはしますが、個人的にはベストの条件だとおもっていただけに、完全にここまでの馬だという評価が僕の中では定まりました。今後はGⅠで勝ちきるのは難しいのではないのでしょうか。

ソウルスターリングは力負けですが、それでもやっぱりまだ3歳の牝馬です。化物級の牝馬ではないというだけで、牝馬同士なら十分貫禄は見せつけられるでしょう。もう一度立て直してもらいたいところですね。逆に海外の馬場のほうが合うような気もするので試してみても面白いのかもしれません。

5着のアイダホですが、社台ファームで種牡馬入りでしょうか。この結果で商談が成立しそうな気がします(笑)。

予想の反省

今回は4着までの馬にしっかりと思い印を打てていたので、我ながら少し満足ですね。本当はマカヒキの印を下げたリ、思い切ってソウルスターリングを切るという選択肢も頭にはあったのですが、昔のようにスパッといけないところがイマイチ感が戻っていないなあと感じました。

予想段階でキタサンブラック=サクラユタカオー強化版説を唱えていましたが、今回の結果でシュヴァルグラン=ハーツクライ、レイデオロ=小型版キングカメハメハというのもはっきりしました。今後はこのイメージで予想したいと思います。