ホープフルステークス2017結果と感想

本日は2017年のJRA(日本中央競馬会)最後の開催であり、中山競馬場では今年からGⅠに昇格したホープフルステークス(芝2000m)が行われました。2歳馬の中距離王を決めるレースを制したのはどの馬だったのか、また来年のクラシックレースの主役になりそうな馬はいたのか振り返りたいと思います。

ホープフルステークス2017の最終予想

ホープフルステークス2017 血統メインでさっと予想します(薄味)
GⅠ昇格一発目&平日開催&今年最後のGⅠレース 中央競馬はいつもなら有馬記念で一年の大団円(だいだんえん)を迎えますが、テレビCMでもやっているように、今年から追加されたGⅠ...

◎ トライン(5)
〇 ルーカス(10)
▲ ジャンダルム(15)
△ サンリヴァル(9)
× タイムフライヤー(7)
注 シャルルマーニュ(8)

予想のコンセプトは何戦かすでに走っており、比較的能力が把握しやすいルーカス、ジャンダルム、タイムフライヤーを配置したあとは、血統順に並べました。予想ページでも書いてある通り、次点はステイフーリッシュでした。

ちなみにジャンダルムは某競馬サイトのPOG(仮想馬主ゲーム)で指名している馬の一頭であり僕は仮想オーナーになので、このレースの結果次第ではランキングも上昇するので実はこっちのほうがドキドキしていますが、予想は意外と控えめです(笑)。

スポンサーリンク


ホープフルステークス2017レース結果と着順(抜粋)

1着 タイムフライヤー(1番人気) 2分1秒4 ×
2着 ジャンダルム(4番人気) ▲
3着 ステイフーリッシュ(8番人気) 無印も次点予想
4着 サンリヴァル(5番人気) △
5着 ナスノシンフォニー(10番人気) 無印
6着 ルーカス(2番人気) 〇

12着 シャルルマーニュ(12番人気) 注

競走中止 トライン(6番人気)◎

レース内容

まず大外のナスノシンフォニーが出遅れましたね、ちょっと何かにビックリしたみたいで結構致命的な出遅れでした。

レースは僕が本命にしていたトラインが先頭に立って引っ張るような形を見せましたが、そこにジャンヴァルロとサンリヴァルが絡む形となりペースは速くなり、前半1000mの通過は59秒6でこの時期の馬場と2歳馬のレースということを考えるとオーバーペースとは言わないものの完全にハイペースでしたね。レースの勝ちタイムが2分1秒4なので前半59秒6、後半60秒8なので最近のレースにしては珍しい前傾のレースでした。

レースは3コーナーに差し掛かったあたりから動き始め、武豊鞍上のジャンダルムが動き始めると、それを後ろでマークしていたステイフーリッシュとタイムフライヤーも合せて進出を開始し、レースは動きます。

直線に向くと脚色が良さそうなのは内ルーカスと外側に行った内からジャンダルム、ステイフーリッシュ、タイムフライヤーでしたが、直線半ばではジャンダルムとタイムフライヤーの叩き合いになる形になり、最後はタイムフライヤーがジャンダルムを競り負かす形での勝利となりました。

レースの感想と有力馬の寸評

まず今回のレースは今日仕事だったんですが、抜け出してリアルタイムでチェックをしようとしたら、僕の住んでるエリアでは放送されていませんでした。ラジオもチェックしたのに、なんと該当なしでした(笑。オイオイもっと頑張れよJRA。)

ということで、ネットで結果のチェックが先になったわけですが、いきなり飛び込んできたのは本命馬トラインの競争中止の文字。ノオオオオ・・・予後不良の二文字が頭に浮かんで、レース結果を動画でチェックするのをためらいましたが、どうも跛行(歩様がおかしくなる)で騎手が止めたみたいですね。ジョッキーは好判断でした。

さてレース内容をチェックした感想ですが、我が愛馬(一応仮想オーナーですので)のジャンダルムですが、負けて強しですね(笑)。レースを振り返ると分かりますが、この馬を中心に今回のレースが動いていたのは明確ですし、古馬のような横綱相撲の競馬でした。

最後はタイムフライヤーに差されはしましたが、もうアレは展開のアヤと言ってもいいでしょう。お互いマークする立場や位置取りが逆なら、順位の逆転はあったと思いますね。

そして勝ったタイムフライヤーでしたが、これはお見事でしたが、競馬関係のニュース記事では強い勝ち方とは書いていましたが、個人的には全くそんなことは思いません。ケチをつけるわけではないですが、ジャンダルムがあの流れで勝てば強い勝ち方とは言えますが、どうしてもハイペースのレースをほぼ最後方の位置から差しに行った形なので、勝ち方が派手に見えるだけに思えます。

もちろん勝った馬なので弱いとは言いませんが、個人的にはジャンダルムとタイムフライヤーは今回の結果では、現時点では同格と見ました。

その他の馬については少し差があったかなという印象なのですが、最初四コーナーではジャンダルムとともに、ステイフーリッシュの手ごたえが良さそうに見えたものの、一瞬置いていかれましたね。最後詰めては来たものの、さすがステイゴールド産駒というか超大物以外は肝心なところでピリッとしません。コース取りもよかっただけに3歳になっての変わり身に期待です。

あとはモーリスの弟として話題になったルーカスですが、手ごたえが悪くなさそうだった割に伸びませんでした。前々から少し切れ味には不安な感じはしましたが思った以上にジリっぽいですね。ダービーでこそ面白いかな?と思っていましたが、現時点では少しMAXスピードの点で足らないような気がします。

あとサンリヴァルはこのペースの中を先行してよく残りました。さすがルーラーシップ産駒というかやはりキングカメハメハの系統はスピードの持続力の面では抜群の力を発揮しますね。またナスノシンフォニーに関しては出遅れたのと大外、牝馬ということを考えるとかなり実力があることが分かりますね。両馬ともに今後のレースに注目です。

ジャンダルム

ライバルの動向を見ているとかなりこの馬を意識していたようなレースぶりでした。もしかしたら騎手の間ではかなり評価されているのでは?と思います。父がKitten’s JoyでSadler’s Wellsの血が不安でしたが、全くそれを感じさせない軽い走りで、完全にかつてのイメージはないですね。今回の走りができれば皐月賞でも十分期待できます。

タイムフライヤー

ついにハーツクライ産駒が東京競馬場以外でGⅠに勝ちました。展開が少しハマったという印象はありますが、このハマるという要素はハーツクライ産駒のGⅠ制覇にはかならず出てきますね(笑)。もちろん底力がなければハマっても勝てませんが、今後マークされる形になると、どうかなという印象はあります。

今回は競り合いに強いブライアンズタイムの血が出たような気がしましたが、血統的には善走を繰り返しそうな予感がしますが、果たしてどうでしょう。

ただ4コーナーでステイフーリッシュに外にはじかれる形になったのにしっかり伸びてきたところは力が違うという感じでしたね。

ステイフーリッシュ

ジャンダルムを中心にレースを見ていたのですが四コーナーでなんか手ごたえの良さそうな馬が来たなと思いましたがこの馬でした。ただ、この直線を向いた勝負どころでは外のタイムフライヤーに振り切られ、瞬発力のなさを露呈しましたね。

後で血統を見直すとステイゴールドだったので何となく納得してしまいましたが、2歳時点でこれだけ走ると少し期待できますね。3歳になって春の時点で重賞の一つでも勝つようだと大物に成長するような気がします。

ルーカス

このズブさはなんとかならないものでしょうか。人気どころの中では一番評価を下げたことは間違いないでしょう。

ただ、予想段階でも書いたようにこれから良くなるのはもっと先だと思います。もしかしたらGⅡ級で終わる可能性もありますが、ダービーまではちょっと買える雰囲気はなくなりましたね。

少なくとも皐月賞では要りませんね。

予想の反省

最後に予想の反省ですが、一応また的中したものの数十円マイナスでした(笑)。本命馬トラインの故障が痛恨でしたが、予想や血統評価としては悪くなかったと思います。

阪神JFや朝日杯FSともにほぼ血統メインでの予想でしたが、今回は簡単かな?とは思ったものの上位馬をディスっていたらどうしようかと心配しながら自分の記事を読み返してみたら、結構いいことは書いてたみたいです(笑)。

実は2歳馬の3つのレースの予想は久々だったのですが、なんとなく古馬やクラシックの出走馬より血統的バラツキが多く、血統面からの取捨選択は比較的簡単な印象でした。

GⅠになるとほとんど来ない種牡馬なんかもはっきりしていますので、血統を知っているだけで予想の幅は広がります。これを機会にみなさんに血統を勉強してみることをおススメします。

関連記事