YouTuberになっているプロ野球選手・関係者を調べてみた

野球場

あの大物メジャーリーガーを筆頭に元プロ野球選手が続々とYouTubeに参戦

以前取り上げた江頭2:50(エガちゃん)のYouTubeチャンネルですが、あっという間にチャンネル登録者数が100万人を突破しましたが、すでに200万人も目前ということで勢いが止まりません。

彼に刺激されたわけではないでしょうが、お笑い芸人の陣内智則さんバービー、タレントのヒロミさんなどもチャンネル開設をしており、本当に芸能人のYouTuberが増えました。

ただ、同時期にYouTubeをはじめた雨上がり決死隊の宮迫博之さんはチャンネル登録者数は順調に伸びているものの、思ったほど動画再生数は伸びておらず(と言っても一本あたり十万再生ですが、エガちゃんはこの10倍です)、単純に知名度=再生数とはいかないようです。

これだけチャンネル登録者数が増えてくると、以前も芸能人や有名人のチャンネルについて紹介したこともありましたが、改めてまとめる必要があるように感じます。

というわけではないんですが、芸能人でまとめるとすでに収集がつかない量になっていそうということで、今回は別ジャンル、まず”プロ野球関係者”というカテゴリーでまとめてみようかと思います。

以前は高木豊さんのチャンネルを紹介したこともありますが、これに前後して他のプロ野球関係者やOBも結構な人数の人たちがYouTubeをはじめています。

現役メジャーリーガーのダルビッシュ有選手なんかは、本業と呼べるぐらいの更新頻度で動画を公開するなど圧倒的存在感を放っていますが、現在のところどんな人たちがチャンネル開設をしているのか、僕も興味があったので調べなおしてみます。

※日本のプロ野球でプレイしたことある元選手や現役選手という条件とし、球団別に見ていきたいと思います。

※球団はその選手が最も所属した時期が長かったものとします。球団名が変更になっている場合は現在の名称に準じます。

スポンサーリンク


以下のチャンネル名や登録者数は2020年2月25日現在のものです。

最初は全部記事を書いてから公開しようと思いましたが、先にピックアップしていくと思いの他たくさんいたので、チャンネル登録している人を優先して書き、徐々に追記していきます。

すみません。

北海道日本ハムファイターズ

ダルビッシュ有

シバター、おまえ、、、話が違うだろ。。

シカゴカブス所属の現役メジャーリーガーです。

このサイトでも以前取り上げましたが、すでにチャンネルがに軌道にのっているので、本業YouTuberと言っていいぐらいですね。僕も含めてSNS界隈では副業が野球と揶揄されています(笑)。

新庄剛志選手は一応阪神に分類していますが、こうしてピックアップしてみると日本ハムに在籍したことある選手が一番YouTuberになっていますね。

チャンネル詳細

Yu Darvish」(2017年2月~)

登録者数:約46.5万人

チャンネル開設は三年前と、プロ野球関係者では特に早かったのですが、活発に活動し始めたのは昨年の2019年オフからですね。

動画の多くは自宅などで独り語りをするケースが多いのですが、たまにトレーニング風景を公開したり、ネット対戦型のゲームで実況中継するなどバリエーションにとんでいます。

炎上系YouTuberのシバターとのdisり合い(多分プロレス:本人たちが合意した上で必要以上にやり合っている)もたまにあって面白いですね。

もちろんチャンネル登録しています。

森本稀哲

中村剛也選手本人が語る今シーズン大活躍の理由!元西武ライオンズ森本稀哲が切り込む新コーナーも!

日本ハムが北海道移転後、新庄選手を中心としたファンサービスは多数の注目を集めましたが、その傍らに常にいたのが森本稀哲元選手です。

日本ハム退団後は残念ながらかつてほどの存在感を示すことができませんでしたが、持ち前の明るいキャラクターを発揮してYouTuberとしても活動中です。

チャンネル詳細

ひちょリズム」(2019年9月~)

登録者数:45,000人

チャンネル開設当初から僕も登録して、動画をフォローしていたのですが、最初はトレーニング動画だけを公開して、少し迷走?気味でした。

ただ、他の野球系YouTuberとのコラボ当たりから本業の野球関係の動画も公開しはじめてから、チャンネル登録者数が伸びてきた気がします。

帝京高校出身ということや独特のキャラクターで人脈は広そうなので、今後思わぬゲストの登場もありそうで期待しています。

やっぱり野球をしている動画だと彼やプロ野球選手の凄さが分かるので、そっち方面で動画を作ったほうがいいような気がしますね。

片岡篤史

最近の若い野球ファンは片岡篤史さんと言えば、阪神タイガースのイメージがあるかもしれませんが、僕はやっぱり”日本ハムの”片岡選手ですね。

僕より年上ですが、いいブレーンがついているのか思いのほか面白い動画を公開しています。

チャンネル詳細

片岡篤史チャンネル」(2019年10月~)

登録者数:約11万人

さすがの人脈というか清原和博、宮本慎也、立浪和義元選手など、PL学園出身を中心者としてレジェンドクラスのゲストが登場しています。

ダースロマーシュ匡

高校野球ファンならご存知の方も多いでしょうが、ダルビッシュ二世として期待され、同じ日本ハムに入ったものの、活躍せずに退団したダースも現在YouTuberをやっています。

ダルビッシュ有選手にかわいがられているようで、ちょっと前は大阪のダルビッシュ記念館の館長なんかをやっているという情報もありましたが、最近はどうなってるんでしょうねぇ。

チャンネル詳細

ダースロマーシュ匡」(2019年10月~)

登録者数:1650人

と、登録者数1650人・・・。

少なすぎるぞダース!(笑)。たまにダルビッシュ選手がTwitterで彼のチャンネルを紹介したり(リツイート)しているのでもうちょっと多いと思ったんですが、思ったより少ないですね。

内容は野球関連のものから、よくある一般YouTuber的な内容もあり野球YouTuberの中ではやっていることは面白そうなものの、なんとなく彼が暗いのが難点なんですよね。

もうちょっと明るくしゃべると面白くなりそうな感じもするものの、こればっかりは慣れでしょうか。

開設当初はチャンネル登録していたものの、さっき確認してたら解除してました(笑)。

福岡ソフトバンクホークス

大場翔太

福田秀平サプライズ大成功!千葉ロッテ外野手会!2月10日は福田、11日は清田の誕生日です。おめでとうございます。

プロ入り後は大活躍とは行きませんでしたが、2007年のドラフトで福岡ソフトバンクホークスから1巡目で指名されたほどの選手です。

プロ野球ファンなら当然知っている方がほとんどでしょうが、一般的知名度は

ない

でしょうね・・・。

ただ、プロ野球OBの中では一番更新頻度が高く頑張っているようです。

チャンネル詳細

ばっくすTV」(2019年2月~)

登録者数:約5,500人

僕は野球系YouTubeチャンネルの「野球YouTuber向」で彼がYouTuberをやってることを知りったんですが、結構頑張っているものの、いかんせん登録者数が伸びないのが難点ですね。

ある程度プロの一軍で活躍した選手なので取り上げる選手は大物が多いものの、問題はプロ野球ファンじゃないとまったく興味を持ってもらえなさな内容なのがつらいですね。

あと、基本的に彼が一人でしゃべってることが多い(しゃべり過ぎ?)ので、野球の実力をたまに見せつけたほうが面白くなるような気はします。

僕はチャンネル登録はしているもののメジャー派なので(笑)、興味が湧く内容の時しか見てないのですが、どうもサムネイル画像と内容の落差が大きいのが問題だと感じますね。

東北楽天ゴールデンイーグルス

一場靖弘

あの一場選手もYouTuberになっています。プロ入り前に”栄養費”として現金を貰っていて”一場事件”として騒がれた選手です。(※)

と、書いてはみたものの、そう言えば何した選手だったっけ?とド忘れしていました(笑)。

東北楽天ゴールデンイーグルス創設一年目に自由獲得枠で入団した大学No1右腕でしたが、期待されたほどは大成しませんでしたね。(それでもプロ六年間で90試合の登板は立派だと思います)

※他にも色々な球団や選手の名前が出てきましたが、実際のところ表面化しなかっただけでかなり昔から存在したことは容易に想像できます

チャンネル詳細

一場靖弘のBASEBALLチャンネル」(2019年11月~)

登録者数:2710人

半年前に野球系チャンネルの「クニヨシTV」で登場してたので、彼がYouTuberをやってるを知りました。

一場事件の真相を語っていたり、実際に球を投げたりしているので、楽天やヤクルトのファンの方には楽しめる内容だと思います。

ただ、知名度のわりに登録者数が伸びてはいませんね。

向谷拓巳

“むかいたにたくみ”と読むそうですが、実はこの方僕も知りませんでした。

YouTubeをやっている元プロ野球選手を探していてその存在を初めて知ったぐらいです。

独立リーグから育成枠で楽天に入団した内野手のようですが、支配下登録されることなく二年で退団しています。

そりゃ楽天のファンじゃないと知りませんわな。

チャンネル詳細

むーたくんTV」(2019年2月~)

登録者数:2110人

知名度が低いせいかチャンネル登録者数が伸び悩んでいます。

技術系の動画が多いようです。

千葉ロッテマリーンズ

里崎智也

チャンネル詳細

Satozaki Channel」(2019年3月~)

登録者数:約23.1万人

オリックスブルーウェーブ

野村貴仁

清原選手の薬物問題の時にメディアに登場しましたが、その時の風貌や生活ぶりが元プロ野球選手とは思えないもので話題となりました。

ただ、この人の現役時代は中々玄人好みされる内容で、技巧派の中継ぎ左腕として印象に残る活躍をしていました。

オリックスブルーウェーブを経て巨人に入団し、退団後はメジャーリーグのミルウォーキーブリューワーズでプレイしています。(その後日本ハムで一年間在籍)

成績は目立つものがありませんが、記録に残らない活躍をした一流の中継ぎでしたね。

チャンネル詳細

野村貴仁」(2019年4月~)

登録者数:1,280人

この記事を書くにあたり存在を知ったのですが、なんと大工や農業をしているところを普通に動画で流すという元プロ野球選手らしからぬ前衛的な?(笑)動画のようです。

実はちょっと興味が湧いたのでチャンネル登録してしまいました。

読売ジャイアンツ

上原浩治

【上原浩治が教える】世界を制した伝家の宝刀スプリットの投げ方

もとメジャーリーガーの上原浩治選手も1月からYouTubeチャンネルを開設しています。

巨人のエースとして活躍した後、メジャーリーグでもストッパーとして世界一を経験しており、抜群の知名度と実績があるので、どこまで登録者数を増やすか注目ですね。

チャンネル詳細

上原浩治ベースボールアカデミー」(2020年1月~)

登録者数:約2万8千人

現在のところ5つしか動画を公開していませんが、スプリットの投げ方とか動画で教えてもらえる時代になったとは、今の子がうらやましいですね。

ちなみに僕は縦スラとフォークが投げられますが、フォークは5球に1球しか落ちないので使えません(笑)。

小田幸平

チャンネル詳細

元巨人・中日小田幸平のはげch」(2019年11月~)

登録者数:約3.8万人

動画は元巨人の選手を招いての対談形式が多いようですね。

清原、阿部元選手といったかなりの大物も登場するので、需要はありそうな内容になっています。

清水直行

チャンネル詳細

清水直行のシミチョクTV」(2019年9月~)

登録者数:約5,000人

笠原将生

チャンネル詳細

笠原チャンネル」(2016年5月~)

登録者数:約9.8万人

横浜DeNAベイスターズ

高木豊

以前このサイトでも取り上げたチャンネルですが、横浜(大洋ホエールズ)のレジェンド選手です。

僕より年上ですが、プロ野球関係者のYouTuberの走り的存在でもあります。

ちなみに息子三人ともにバリバリのプロサッカー選手(Jリーガー)です。

あの”横浜のレジェンド”高木豊がユーチューバーになっていた 最近取り上げることの多くなってきたYouTube(ユーチューブ)ですが、今回は芸能人や俳優ではなく元プロ野球選手で...

チャンネル詳細

高木 豊 Takagi Yutaka」(2018年3月~)

登録者数:約20.6万人

幅広い人脈を活かしてこれまたレジェンド級の元選手を読んだりしていますが、もはやこれを見ているとテレビのスポーツコーナーの完全な上位互換なので、そりゃこっちを見ますよね。

中村紀洋

中村紀洋選手と言えば近鉄バファローズですが、球団がないので次に長いのは中日なのかな?と思ったらなんと現役最後に所属していた横浜でした(笑)。

まったく横浜のイメージはないのですが、一応ここに分類しておきますが、違和感はタップリですね。

チャンネル詳細

中村紀洋公式チャンネル」(2018年4月~)

登録者数:約4.7万人

ポンセ

カルロス・ポンセ(本人)です!YouTubeはじめました!

あのポンセです(笑)。

ポンセと言えばマリオ、マリオと言えばポンセ(何じゃそりゃ)ですが、僕たち団塊ジュニア世代にはど真ん中の選手です。

横浜が大洋ホエールズを名乗っていたころの選手で、彼がいた頃はヤクルトとならんで二弱を形成していた暗黒時代でしたね。

ただこの頃の大洋(横浜)と言えば、チームは弱いものの、とにかく連れてくる外国人がとにかく当たりだらけで、ポンセをはじめとしてパチョレックや白ローズなどかなりハイスペックな助っ人を立て続けに当てていました。

たまたまYouTubeを見ていたら開設間もない彼のチャンネルを見つけたのですが、どうも日本人向けに開設されたようです。

チャンネル詳細

カルロス・ポンセ 公式 / CARLOS PONCE Official」(2019年3月~)

登録者数:約1.5万人

内容は野球の技術的なことをやっており大変にためになります。

僕も登録しているのですが、あまり更新頻度が高くないのが残念です。

広島東洋カープ

前田健太

前田健太YouTubeはじめます

もう一人のバリバリの現役メジャーリーガーである前田健太選手もYouTuberです。

と言ってもこの前始めたばかりです。

2020年はロサンゼルスドジャースからミネソタツインズに移籍して一年目となりますが、成績も含めてどういった動画を公開していくのか楽しみですね。

チャンネル詳細

YouTubeはこの前始めたばかりなのでまだ動画は日本しか公開されていません。

僕も含めてダルビッシュ有選手のTwitter経由で存在を知った方も多いと思うので、あとはいかにして露出を増やしていくかでしょうね。

登録者数を増やすには、継続性とこれからの内容次第といったところでしょうか。

とりあえずチャンネル登録しましたが、(僕の勝手な想像ですが)何となく彼は機械に強いイメージがないので大丈夫でしょうか?(笑)

マエケン チャンネル KENTA MAEDA」(2020年2月~)

登録者数:約1.4万人

阪神タイガース

新庄剛志

実は元々、僕は三十年来の阪神ファンだったりするのですが、六、七年前からまわりまわって今はアンチ阪神勢です(笑)。

つまりは阪神の絶頂期から暗黒時代にかけて応援していたのですが、その時活躍していたのが新庄とかだったわけで思い出の選手でもあります。

阪神退団後はメジャーリーグや日本ハムでも大活躍しましたが、今でもイマイチ何を考えているかよく分からない人ですね(笑)。

個人的には彼の周りにもうちょっと頭の切れる人がいればまた違った活躍をしたと思うんですが、どうも周りによくない(影響を与える)人がいるようなイメージがありますね。

チャンネル詳細

新庄 造園Shinjo Zouen」(2019年10月~)

登録者数:約5.6万人

動画はほとんど見ていないのですが、内容はただトレーニング風景を撮っただけのものが多いようで、よっぽどのファン以外にはつらい内容です。

なんとなく、以前に多かった芸能人がとりあえずYouTubeやってみたというタイプのチャンネルという雰囲気で、あまりやる気は感じられませんね。

ただ、その割には動画によって再生数が伸びており、これまたよく分からないです(笑)。

中日ドラゴンズ

井端弘和

絶頂期には球界最強の二遊間と言われた”アライバ”の一角です。

中日退団後は巨人に移籍しましたが、玄人好みする選手でした。

チャンネル詳細

【イバTV】井端弘和公式チャンネル」(2019年9月~)

登録者数:7.7万人

正直なところアナログなイメージなのでYouTuberをやっていたのは意外でした。

金村義明

金村義明「新外国人、今年は大物だらけやん!」【2020年シーズン】

金村義明さんですが、近鉄バファローズと行きたかったものの、現在球団がありません。

ということでその次に所属した中日ドラゴンズとしますが、”中日の金村”ならなんとか恰好はつくものの、何となく体系や風貌的に山崎武司選手と姿が被るのは僕だけでしょうか(笑)。

関西ではおなじみの選手ですが、最近の若い子たちは現役時代を知らないでしょうし、どんなイメージなのか聞いてみたいところですね。

チャンネル詳細

金村義明チャンネル」(2018年3月~)

登録者数:約13.5万人

前々からやってるなぁと思ってはいたんですが、よく調べてみると高木豊さんと同時にチャンネルを開設していますね。

プロ野球ファンにはかなり面白そうだなぁと思う内容なんですが、どうも最近個人的に国内の野球に興味がないので見ないことが多くなり、チャンネル登録していたものの解除してしまいました。

東京ヤクルトスワローズ

塚本浩二

ご存知ない方のほうが多いと思いますが、四国独立リーグ(香川オリーブガイナーズ)からヤクルトに入団し、二年間だけプロ野球選手でした。

僕もよく見ている野球系YouTuberの「トクサンTV」や「クニヨシTV」で存在を知ったのですが、彼らのチームのエースである”アニキ”の(神戸)大学時代の後輩のようです。

動画を見る限り球は速くないのですが、コントロールや変化球がエゲツナイです。

チャンネル詳細

ツカモトTV〜アンダーのススメ〜」(2019年12月~)

登録者数:約3,500人

現在のところまだ動画を二本しか公開されておらず、方向性を模索している段階だと思いますが、トクサンTVやクニヨシTVからノウハウを学んでいるみたいなので、これから面白くなる可能性はありますね。

僕もチャンネル登録しています。

関連記事