愛の葉Girlsの地元での知名度と事件の反応は?ついでに愛媛のローカルタレントを紹介

7愛の葉Girls(イメージ画像)

ご当地アイドルの現役メンバーパワハラ自殺事件

愛媛県のご当地アイドルである「愛の葉Girls」(えのはがーるず)の現役メンバーが旧所属事務所のパワハラが原因とみられる理由で自殺し、遺族が旧所属事務所を訴えたというニュースが現在世間を賑わせています。

テレビのワイドショーやネットメディアもここにきて、色々なところがヘッドライン級話題として取り上げていますが、事件が起こったのは3月(文春が初めて取り上げたのは5月)なので、個人的に悲しい事件とは思いつつも、”何で事件後すぐにではなく、今さら?”とか”色々なワイドショーが同じネタを同じ内容で報道するのでウンザリ”と感じてしまいます。

メディアも新しいニュースが飛び込んでくるまで、このネタを消費していくのかな?(僕もとりあげているので消費している側ですが・・・)と斜めから見てしまいますが、事件に関する詳細や当事者の情報を調べて載せているブログも多いですね。

ブログの内容やスタイル人それぞれなので、どうこう言うつもりはありませんが、今回はたまたま地元の話題なので、この「愛の葉Girls」の地元での知名度や事件の報道について紹介したいと思います。

あくまで知り合いとこの話題を話したり、地元テレビを見た感じの僕調べですので、そのあたりはご理解ください。

スポンサーリンク


「愛の葉Girls」とは

「愛の葉Girls」(えのはがーるず)とは2012年12月に地元愛媛県松山市を拠点として活動を開始したアイドルグループとなります。

コンセプトとして”日本の美味しい「食」、日本の安全な「食」を推進する”という触れ込みの農業系アイドルとして愛媛県を中心として現在も活動中です。

当初この「愛の葉Girls」はhプロフェクト株式会社(愛媛県松山市中野、佐々木貴浩社長)という事務所に所属して活動を行っていましたが、2018年3月パワハラ自殺事件が起こった際に活動を一旦停止。

その後2018年6月から所属先を株式会社フィールド 愛の和(愛媛県伊予市、大井光雄社長)に変更し、新生「愛の葉Girls」として活動を再開しています。

姉妹グループとして、「愛の葉タレント」というグループ(メンバー)が存在するようです。

パワハラ自殺事件とは

あくまで報道されている内容であり、真実については不明ですがまとめると以下のようになります。

2018年3月、「愛の葉Girls」に所属していたメンバーでありリーダーだった大本萌景(おおもとほのか)さんが、グループからの脱退を求めたところ、元所属事務所の佐々木貴浩社長により”辞めるのなら1億円を払え”といった趣旨の発言を受けたことなどにより精神的に追い込まれ、自殺したと言われます。

この脱退騒動以前から本人が学業を優先したい希望を無視して、事務所が無理にアイドル活動を優先させていた疑惑や、未成年に関わらず早朝から深夜におよぶ活動、脱退を希望するも人気メンバーであるため辞めさせてもらえなかった、長時間働いて数万円しかもらえなかったなど、連絡していたLineの内容が不合理過ぎることなどから、会社や社長によるパワーハラスメントが彼女を追い込み自殺に至ったと言われます。

またこの事件は、高校進学にあたり会社にお金を借りたということも、その金額が数万円という比較的少額だったことから話題、様々な憶測を呼んでいます。

地元での知名度は?

さて、事件の真相や憶測は様々なメディアやブログでみなさんやっていますが、所詮ゲスの勘繰りなので、ここは控えさせていただき、この「愛の葉Girls」が一体どれぐらいのグループだったのか県外の人や一般の方は気になるので地元民である僕が紹介したいと思います。

まず、「愛の葉Girls」というグループですが、地元愛媛では

なんぞそれ?

(伊予弁まじり)

この意見がほとんどでしたね。

大体僕が接するのは20代前半から40代後半の男女が多いのですが、この自殺報道があった際に全く話題になりませんでした。

最近全国メディアのワイドショーで取り上げられているので、世間話の話題になりますが、半年たっても”ああ最近ワイドショーに出てくるあのグループね”という程度の認識がほとんどです。

僕もSNSをバシバシ活用していますし、ご存知のようにマンガやアニメ、色々なことが気になるので色々なことを見たり調べたりしているので、何でも知っている謎の40代だと感心されるほうなんですが、事件まで全く聞いたことがありませんでした。

こういう事件の場合、必ずまわりに一人いるであろうアイドルおたくがグループについて解説してくれそうなもんなんですが、誰も知りませんでしたね。

今日のヒルナンデスを見ているとご当地アイドルに詳しいコメンテイターの人が、全国的にはそこそこ知られていると言っていましたが、実際はアイドル好きにしか知られていないかなりコアなアイドルだったと思われます。

よって、地元のメディアも夕方のニュースで全国放送と同じような内容で伝えているだけで、取り上げ方としては地味に見えます。

スポンサーリンク


愛媛県で活動する有名人・グループ(ローカルタレント)は?

じゃあ愛媛では現在どんな人が有名か、また事件があると地元で話題になりそうか考えてみます。あくまで地元に住んで活動している人限定です。

恐らく全国的にはまったく無名の可能性大です(笑)

らくさぶろう

愛媛のローカルタレントの代表格がらくさぶろうさんです。

CMや地元紹介の番組でリポーターなどを務めることも多く、おそらく地元民にはかなり知られた存在です。

しかしながら、完全ながらブランド(知名度)好き・中央(東京や関西)志向の愛媛県人なので、おそらく街で出会っても”キャーーーー!!”とはなりませんね。

かつて吉本興業の人気お笑いタレントで愛媛出身の友近と「ディープ・キス」というコンビを組んでいたそうです(この当時僕は関西にいて地元にいなかったので知りません。友近は大暴れしていたそうですw)。

ちなみにさっき調べたら高校の先輩でした(笑)。

夏井いつき

「プレバト」の俳句コーナーの毒舌の先生として知られる夏井いつき先生ですが、地元でもちらほらとテレビやラジオに出演中です。

おそらく全国的な知名度が高いので地元メディアも起用がしやすいのでしょうが、全国メディアでの出演時との違いは、意外と恰好が地味なことですね。言いまわしも毒舌キャラではなく普通の品のよさそうなおばちゃんです。

「プレバト」は頭がおそらく相当いいので、ある程度作られたキャラや返しをしているだけなのでしょうが、本来はあまり着飾ったりするようなタイプではなさそうです。

ただ知り合いの方にお話を聞くといい意味でかなり変わった方ではあったそうです。

個人的にはこういったキャラクターは地元にとって宝だと思いますが、放送局はうまく使いこなせていない感じがします。

そもそも愛媛から新しい風を発信したり、打って出てやろうという人が少ないですね。本当に保守的という言葉がピッタリです。

ひめキュン

そしてアイドルグループと言えば、「ひめキュン」です。「愛の葉Girls」は知らなくてもこの「ひめキュン」のほうが地元メディアやイベントへの登場が多いので知っている人が多いと思います。てか、このグループがギリギリ知られているぐらいですね。

ただ、一般レベルで見ると地元CMのキャラクターに起用されているぐらいなので、どんな子がいるのか知っている人は少ないと思います。

よく地元ニュースでこのグループが来ていたことを取り扱ったりしていますが、そこに映りこむファンの数はそこまで多いようには感じられませんね。

まだまだ会いに行けるアイドル、地下系アイドルの類という域は出ませんね(あくまで僕のイメージです)。

チョーさん(長嶋幸雄)

「決定版!チョーさんの釣り情報 」に出演している釣りの得意なおじさんです。

おじさんと言っても若い子からするとすでに70歳オーバー(昭和20年生まれ)なのでじいさんです(笑)。

実はこの人はこの番組と夕方の地元バラエティーでしか見ないので本業が謎(そう思っている人も多いでしょう)なんですが、ここまで出てきた四人の中ではもしかしたら一番知名度はあるかもしれませんね。

「決定版!チョーさんの釣り情報 」という番組なんですが、地元製作にしては珍しく30分番組で高知のほうでも放送している地味に露出の多い番組なんですよね。

本業は謎なんですあ、実は高校の先輩であり知り合いの窯元さんの親友だそうです。

久しぶりに地元ネタを攻めてみましたが、愛媛ディスっているだけのような気もします(笑)。

まぁ、「水曜どうでしょう」みたいな番組は絶対に出ません。これは間違いないでしょう。

関連記事