「七つの大罪」の続編に向けてアーサー王物語の登場人物をおさらい

アーサー王と円卓の騎士

マンガ「七つの大罪」連載終了もすでに続編の存在が明らかに

七つの大罪」(作:鈴木央)と言えば2012年の週刊少年マガジン(講談社)第45号から連載されていた人気作品でしたが、先日の2020年第17号で最終回を迎えて無事八年間にわたる連載が終了しました。

累計発行部数は3700万部とも言われる同作品ですが、2014年にはアニメ化が行われ、のちにスマートフォン向けのゲームアプリだけでなく様々な端末で同作品を題材としたゲームが作られています。

文字通りのヒットコンテンツとなった「七つの大罪」でしたが、個人的にもファンタジー系の作品は好きなジャンルだったので、連載終了は少し寂し限りです。

ただ、この「七つの大罪」、少し前から連載終了は告知されてはいたのですが、10か月ほど前に”終わる終わる詐欺(※)”騒動があったせいで、本当に最終回を迎えるか少し疑っていた方もいるでしょう。(僕もその一人ですが・・・)

幸いにして、今回は無事(笑)に作品としてキリよく終わり完結をしているのですが、やっぱりというか、最終回が掲載された号の誌面上で、続編シリーズが近いうちに開始することが判明しています。

”やっぱり終わっとらんやかーい”

というツッコミを心の中で入れた人もたくさんいるでしょうが、続編は果たしてどうなるのでしょうか。

ということで今回はこの作品のネタ元と思われる「アーサー王物語」や「円卓の騎士」などのキャラクターを少しだけ深堀りしてみたいと思います。

(画像引用:Wikipedia「円卓の騎士」より

(※)「七つの大罪」終わる終わる詐欺騒動とは

2019年5月頃に週刊少年マガジンで連載されていた「七つの大罪」ですが、誌面の次回予告(タイトル)が連載終了を匂わせる「エピローグ」だとアナウンスされました。

すでにラスボスであろう敵と戦闘中だったのでいよいよ最終回ではないと話題となったんですが肝心の次の回では終わらず、続いて「エピローグ2」、「エピローグ3」とつけられた回が掲載されたものの連載が終了する気配がなく、結局タイトルも通常のものに戻って通常営業になったという騒動がありました。

スポンサーリンク


続編はより”アーサー王”や”円卓の騎士”が中心となるストーリーになるはず

七つの大罪」にはアーサーやその師マーリンといった主要キャラクターや、リオネスやキャメロットという地名・国名が登場します。

他の部分からも読み取れますが、これらのベースとなっているのはヨーロッパでは有名なあの”アーサー王”伝説やそれに関連する物語をベースとしているのは明らかです。

また「七つの大罪」の最終回では主人公であるメリオダスとその妃エリザベスの息子が円卓の騎士の一人であるトリスタンと同じ名前になっており、アーサー王物語と”まんま”同じ設定です。(円卓の騎士のトリスタンの父はリオネス王メリオダスで母エリザベスなのでまったく同じ)

続編もタイトルが仮とはついているものの「黙示録の四騎士」となっており、”物語は次の世代”という表記もあるので、このトリスタンなどが中心としてストーリーが構成されることは間違いないでしょう。

肝心のアーサーやマーリンも「七つの大罪」では最後健在だったので、引き続き続編でもご登場となると思われます。

ただ、この「アーサー王物語」、洋画などではこの「七つの大罪」と同様、同じようにエッセンスは盛り込まれているものの完全に描き切った作品はそう多くありません。

だから何となくは知っているものの、あくまで何となくなので、今回は近いうちに始まるであろう続編に向けてこの「アーサー王物語」がどんな物語なのか、僕も若干”ニワカ”なので予習しておこうと思いました。

また、前作「七つの大罪」とどう絡んでいくのかもある程度予想しておきたいと思います。

“アーサー王伝説”と”アーサー王物語”

それぞれの登場人物にフォーカスする前に押さえておかないといけないのは”アーサー王伝説”と”アーサー王物語”に関する認識です。

まず肝心な点として、”アーサー王物語“というのは民間伝承や中世ヨーロッパで創作されたものが中心となっており大まかに言うとフィクションであるという点です。

そのためアーサー王という人物はあくまでイングランドの伝説上の王様という位置づけとなります。

ただその存在がまったく架空の人物であるかというとそういうわけではなく、このあたりはあくまでその存在が証明されていないので”伝説上”という但し書きがあるだけで、ヨーロッパの歴史書の一部にはその存在が断片的に見られるということです。

そのため、長い間欧米ではその実在性についての議論が行われているようですが、このあたりは日本における聖徳太子的な存在と言えます。

その伝説の王様アーサー王を中止として描かれたのが”アーサー王物語”であったり、”アーサー王と円卓の騎士”ということになります。

実際のところどれが原典であるというのは分からないとのことで、ストーリーにもある程度のバリエーションが存在するようですが、今回はその中でもよく知られたアーサー王物語をベースとしながら予習してきたいと思います。

スポンサーリンク


アーサー

5世紀後半から6世紀後半に現在のイギリスを統一し、その後勢力を拡大して円卓の騎士とともにローマ帝国を打ち破ったと言われる伝説の王がアーサー王です。

その勢力はフランスやイタリア、ノルウェーやデンマークにまで及んだと言われています。

アーサーは名をアーサー・ペントラゴンといいブリタニア(イギリス・ウェールズ・スコットランド南部:分かりやすく言うとグレートブリテン島南部)の王であるユーサー・ペントラゴンの息子として生まれます。

王にしか引き抜けないと言われる聖剣エクスカリバーを引き抜いたことも有名ですね。

最後は戦いで大怪我を負ったあと、伝説の島であるアヴァロンで最後を迎えたと言われています。

「七つの大罪」とその続編との関連性

「七つの大罪」では新興国キャメロット王国の若き王アーサー・ペントラゴンとしてすでに登場しています。

名前や設定はまったく一緒です。

七つの大罪の一人”暴食の罪(ボア・シン)”マーリンを師としているのはアーサー物語と同様で、続編でも主要人物であることは確実でしょう。

もしかすると主役としての起用もゼロではないのかもしれませんが、メリオダスたちの息子であるトリスタンがある程度成長するには15年程度の時間経過が必要でしょうから、そう考えると少なくとも30代前半にはなっているので、現実的にはあくまで主要キャラ止まりでしょうか。

前作最終版では混沌の力を取り込んでいるので、最強キャラクターの一人でしょう。

“キャメロット”という名称はアーサー王物語における拠点キャメロット城から来ているようです。

マーリン

アーサー王物語におけるマーリンも魔術師となります。

母親は高貴な身分でしたが寝てる間に悪魔(夢魔)によって身ごもったと言われており、マーリンの不思議な魔力はその出自にあるようです。

物語の中でも異彩を放つ存在ですが、アーサーの四代前の王から使えており大変な長寿でした。

実際には男性で、アーサーとともにブリタニア統一を目指しますが、その途上、女性に言い寄ったところを幽閉されてしまい、物語では途中で完全にドロップアウトしてしまいます。

「七つの大罪」とその続編との関連性

「七つの大罪」ではブリタニア一の魔術師で”暴食の罪(ボア・シン)”という設定のマーリンですが、設定上は男性ではなく女性ということを除けば、アーサーの助言者という立場も同じで、ほぼ元ネタと同じような設定になっています。

確かマンガでは、実際は小さな女の子なのに大人の女性に姿を変えているような設定だったので、時間経過した続編でも同じ姿で登場してくることが濃厚ですね。

途中で物語から消えるのは間違いないでしょうが、アーサー王物語でも死ぬという描写はないようなので、どこか別の場所からメリオダス達と見守るという形になるのでしょうか。

グィネヴィア

アーサーの王妃であり、後に円卓の騎士の一人であるランスロットと不倫の恋に落ちることで有名なのがグィネヴィアです。

アーサー王物語のキーとなる女性です。

早い時期にアーサーとは出会って結婚したようで、後にランスロットにグィネヴィアが一目ぼれしまったことにより不倫が始まりますが、なんと後に円卓の騎士の一人であるモルドレッドと結婚してしまいます。

円卓の騎士から二人も裏切り者を出す原因となった傾国の女性ですが、アーサー死後も生きており最後は修道院で余生を送っています。

高貴な出のようですが、円卓の騎士の一部からは嫌われていたようです。

「七つの大罪」とその続編との関連性

七つの大罪では未登場キャラクターのはずですが、物語のキーとなる人物なので全編にわたってストーリーを掻きまわしてく存在として登場するでしょう。

少なくとも三人の男の人生を狂わせることになるので、普通の人間という設定ではないでしょう。

恐らくアーサー内部に取り込まれた混沌の力と関係しているでしょうか。

ランスロット

円卓の騎士の一人で筆頭騎士となりますが、友であり主君であるアーサー王の妃グィネヴィアと不倫の関係に陥ります。

フランスの一部を治めていたバン王とその妃であるエレインとの間に生まれていますが、若くして両親が死んでしまったため湖の乙女であるヴィヴィアンという妖精に育てられ、”湖の騎士”とも呼ばれます。

グィネヴィアとの不倫発覚後はアーサー王と決別しますが、人望があったランスロットに何人かの円卓の騎士(エクター・ド・マリス、ブレモア、ボールス、ライオネル、ラヴェイン)が従ってしまい、肝心の円卓の騎士が二分するきっかけとなります。

フランスでアーサー王たちと戦いますが、最後はアーサー王が戦の傷が元で死亡、以前不倫関係にあったグィネヴィアが後に死んだことを知ると、最後は食を断って死んでしまったようです。

円卓の騎士では最強の戦士であり、誇り高き潔癖な騎士だったようですが、すべては一人の女性のために人生を狂わせてしまった人物です。

「七つの大罪」とその続編との関連性

七つの大罪の一人である”強欲の罪(フォックス・シン)”バンとその妃で妖精族エレイン(七つの大罪の一人で妖精王キングの妹)との間に子供が生まれますが、その子供がランスロットと名付けられているようです。

トリスタンと同じく父親と母親の名前が完全一致なので苦悩の騎士ランスロットは彼らの息子たちなんでしょうが、となるとバンは早々と死んでしまうという展開になりますね。

ただ、不死の力は失ったとは言っても相当強いはずのバンが死ぬとはとんでもない勢力が出てくるんでしょうね。

序盤は落ち延びたランスロットを湖の乙女が育てるというプロローグなんでしょうか。

続編は「黙示録の四騎士(仮)」なので、主役格の一人でしょう。

トリスタン

円卓の騎士の一人でアーサー王物語でもランスロットとともに主役格の一人です。

父はリオネス王メリオダス、母親はエリザベス(ブランシュフルールとも)であり、”ドラゴン殺し”などの異名があります。

元々は「トリスタン物語」という話が独自に存在し、それが「アーサー王物語」に組み込まれたそうです。

ランスロットに並ぶ実力をもつ騎士ですが、彼も若い時にイゾルデという女性に出会い、不倫に悩むことになります。

最後は戦いとは関係ない所で悲しい最後を迎えるようです。

「七つの大罪」とその続編との関連性

「七つの大罪」の主役である”憤怒の罪(ドラゴン・シン)”メリオダスとヒロインであるエリザベスとの息子として最終話にその活発な姿が描かれていますが、続編では当然主役に一番近い候補だと考えられます。

トリスタンの”ドラゴン殺し”の異名などはまさしくメリオダスの子供らしい二つ名ですし、受けた攻撃を相手に浴びせられるというアーサー王物語のトリスタンの能力も「七つの大罪」のほうのメリオダスの能力である”フル・カウンター”とそっくりですね。

アーサーへの裏切りを苦悩するランスロットの傍らにいる親友の一人として描かれるのは間違いないでしょうが、元ネタどおりに死ぬのはちょっとストーリーとしては盛り上がらないので、途中からは前作同様ファンタジー色満載になるのでしょうか。

残り二人の騎士は誰になる?展開予想

円卓の騎士を二人取り上げただけでかなりのボリュームになってきたので、あまり深入りしないうちに切り上げようと思いますが、続編の仮題は「黙示録の四騎士」となっているのでランスロット、トリスタンと来て、残りは誰になるのでしょうか。

可能性としてはアーサー王の甥であるガウェインやグィネヴィアと後に結婚し、アーサーと戦うことになるアーサー王の異父弟モルドレッドあたりが候補として挙がります。

ただ、女性が原因でランスロットが出奔したり、その際に弟たちが殺されたことによりガウェインが友人であるランスロットへの復讐の炎を燃やすとなると、どうも”四騎士”という表現がしっくりきません。

モルドレッドに関してはアーサー不在時に王座を奪い、アーサーの命を狙うというのは少し悪役っぽい立ち振る舞いにも感じますし、最後の一人に関しては少し怪しいところですね。

あとおそらく「黙示録の四騎士」だとタイトルとしてはあまりキャッチ―ではないので変更になりそうな気もしますし、展開的にはグィネヴィア(正体は人間ではない?)によって惑わされたアーサー王を元に戻すために円卓の騎士が協力してこれに立ち向かうというのが本線だと予想しますね。

そしてアーサーが正気に戻ったと思ったら今度はモルドレッドが敵の手に落ちるというのが現実的でしょうか。

人間であるバンの死亡はほぼ確定で避けられないとして、あとは”怠惰の罪(グリズリーズ・シン)”で妖精王のキングや”嫉妬の罪(サーペント・シン)”ディアンヌの子供たちがどういった存在として出てくるか、そしてもう一人”色欲の罪(ゴート・シン)”ゴウセルもいるのでこのあたりがどういった立ち位置で出てくるのでしょうか。

最後は少しマンネリ気味で退屈だった「七つの大罪」ですが、こう考えるとキャストや世代交代するして登場人物が変わるのは楽しみですね。

関連記事