「ジェニーハイ」はブレイク確実か!?天才バンドに有名女優も参加という情報も

みなさんは「ジェニーハイ」というバンドをご存知でしょうか?

普段から流行りに敏感な10代や20代の若者であれば、”そんなの誰でも知ってるでしょ?”と鼻で笑われてしまいそうな気がしてしまいますが、人間おっさんやおばさんになるとビックリするぐらい最近の音楽が分かりません。

そんなこともあり、この記事も書こうかどうか若干悩んだのですが、意外とこのブログにはおっさん・おはさんの読者が多いと思うので、若者の会話について行くためにもこのバンドについて取り上げることにしました。

スポンサーリンク


中山美穂が同い年の有名人に誘われゲスト参加?

すでに一部のワイドショーなどには取り上げられているかもしれませんが、この「ジェニーハイ」には、かつてアイドルや女優として大活躍し、ミュージシャンとしても「世界中の誰よりきっと」でミリオンヒットをとばしたこともあるミポリンこと中山美穂さんが、このバンドメンバーに誘われゲスト参加するかもしれないという情報もあります。

かつては結婚を機にフランスにその拠点を移しており、表舞台からその姿を消していたこともありましたが、昨年から多数のドラマに女優としての出演が目立ち、彼女の全盛期を知らない若者たちにもかなり認知され始めたことは間違いないでしょう。

おそらく40歳以上の中年であれば知らない人はいないとは思いますが、あのミポリンが参加する「ジェニーハイ」とは一体なんなのか紹介させてもらいたいと思います。

「ジェニーハイ」とは

「ジェニーハイ」とはBSスカパー!で放送されているバラエティ番組「BAZOOKA!!」の企画により2017年7月頃誕生した五人組のバンドとなります。

当初メンバーはこの番組に出演しているボーカルとベース、ドラムの三人のみでしたが、企画を進めるうちに某有名ミュージシャンをプロデューサーに迎えたあと、音の厚みを持たせるためにドラムの知人であったこれまた有名作曲家兼ピアニストをキーボードとして迎え、最終的にプロデューサーがギターとして参加することにより現在のバンドの形が形成されました。

現在のところ「片目で異常に恋してる」というデビュー曲のみリリースされている状況であり、バンド活動もライブのみという状況で有名音楽番組への出演はまだありませんが、いずれも知名度だけでなく才能豊かなメンバーで構成されているということで、間違いなくテレビメディアへの露出が増えていくことが予想されます。

バンド名にも取り上げられている”ジェニー”とは”天才”を意味するフランス語”Genie”を由来とする単語であり、各分野において天才的な才能をもつメンバーが集まっているという意味をこめてプロデューサーの発案により「ジェニーハイ」という造語からバンド名が決定しています(バンド名の決定の様子は番組内でも放送されています)。

デビュー曲「片目で異常に恋してる」

バンドメンバーを紹介する前にYouTubeでデビュー曲「片目で異常に恋してる」が公開されていますので、まずメンバーは動画で確認してください。

もはや説明がいらいない人物ばかりです(笑)。

バンドメンバー

中嶋イッキュウ(なかじま いっきゅう)

担当:ボーカル

この企画が誕生した「BAZOOKA!!」の出演者であり、ロックバンドtricot(トリコ)のボーカル&ギターでもあります。

セクシーな顔つきが個人的には気になっていましたが、雰囲気と独特の声質が特徴的ですね。

かなり今回の曲調にマッチしており、メンバーの中では一番知名度が低いものの世間的なブレイクも近いような気がしますね。

川谷絵音(かわたに えのん)

担当:ギターおよびコーラス プロデューサーおよび作曲も担当

企画当初から参加していた川谷Pですが、最終的にこのバンドへギターとして参加しています。

企画が始まった時には、ドラムの小藪千豊やベースのくっきーの演奏レベルをチェックしていましたが、特に小藪の演奏は素人レベルではないと、かなり感心していましたね。

ベッキー問題で世間を騒がせた絵音くんですが、作曲センスはやっぱり抜群ですね。

ゲスの極み乙女ではボーカル&ギターを担当するだけでなく、様々なバンドへ参加していることで知られます。

ぶっちゃけていうと中性的でいて女好きな感じが個人的には受け付けません(笑)。

ただ才能はスゴイと思います。

くっきー

担当:ベース

ご存知、吉本興業所属のお笑い芸人の中でも鉄砲玉とも言える変人&変態芸人です。

風貌は見たまんま厳つく強面ですが、バラエティ番組ではその芸風に反して真面目なところを見せていますね。

元々趣味でバンド活動をしていたこともあり、ギターを始めとした弦楽器の演奏に関しては堪能です。

普段はギターを演奏している所をよく見ますが、このバンドではベースを担当しています。

演奏レベルに関しては僕よりちょっとだけウマいぐらという感じがして心配ですが、他のメンバーのレベルがやっぱり高すぎますよね(笑)。

今回の曲のジャケットなども担当しているようです。

新垣隆(にいがきたかし)

担当:キーボード(ピアノ)

ゴーストライター騒動で世間を賑わせた現代クラッシック音楽の天才作曲家でありピアニストですね。

番組ではなぞのマスクマンとして小藪が川谷くんの前に連れてきたのですが、この回はメッチャおもろかったですね。

かなりのおっさんに見えますが1970年生まれの47歳です(笑)。

ちなみに中山美穂がジェニーハイに参加することをマスコミにコメントしたのは同い年である新垣さんとの共演がきっかけのようです。

今回のデビュー曲「片目で異常に恋してる」ではあまり前面にはでてきませんが、最初から最後までかなりピアノで難しいことをしている感じがしますね。

小藪千豊(こやぶ かずとよ)

担当:ドラム

この企画が行われた「BAZOOKA!!」のメインMCでもあり、吉本新喜劇の座長ですね。

いまや関東でもすっかりブレイクした小藪(同い年なんで呼び捨てですw)ですが、ドラムは本当にウマいですね。

かつてゲスの極み乙女をコピーしたこともある縁で、本家の前で演奏していましたが、僕も番組を見ていて”ウマい!”と思わず関心してしまいました。

決してプロレベルではないのかもしれませんが、このバンドでは意外な才能を見せており、単なる仏教マニアや面倒くさいやつじゃないことが分かります。

僕は結構好きなお笑い芸人です。

まとめ

以上が「ジェニーハイ」の紹介ですが、川谷絵音の作った曲がボーカルのイッキュウさんにピッタリでかなりいいですよね。

それこそ「ゲスの極み乙女」より合っている感じがするのですが、いきなりこのクオリティで曲ができあがったことにはビックリしました。

いずれも忙しい方ばかりで合せる時間も少ないでしょうが、この天才ユニットが今後どんな化学反応を見せていくのか個人的にも気になります。

また中山美穂が本当に参加するのであれば、ミュージックステーションあたりの参加はほとんど確実になってきそうですね。

ほとんど洋楽派のぼくですが、日本人バンドとしては珍しく楽しみなバンドです。


片目で異常に恋してる

公式サイト

ジェニーハイ公式サイト

関連記事