リアル黒子のバスケ その男の名はマヌ・ジノビリ

黒子のバスケはチートマンガ?

皆さん黒子のバスケというマンガはご存知でしょうか?

そこのお父さんほくろじゃないですよ、くろこのバスケ(笑)。

と、軽いジャブ代わりのボケはこの辺にしておいて、まぁよっぽどアニメやマンガに興味がない方以外は、比較的最近まで週刊少年ジャンプに連載してたり、アニメ化もされていたりしたので、知らない人のほうが少ないかもしれませんが、果たしてどんなイメージをお持ちでしょうか?



個人的には可もなく不可もなく、現在の連載で言えば火の玉相撲ぐらいのイメージだったんですが、マンガに絡んだ恐喝事件で世間を賑わせたり、女性中心に人気があったようですし、バスケマンガとしては一応名を刻んだ作品となりましたね。

そこで、もしかしらた知らない方、これから読んでみようという方のために簡単にあらすじを説明しておくと(個人的解釈です)

あらすじ

かつて全国的に有名な中学校にはキセキの世代と呼ばれる5人がいて無敗を続けたが、実はさらにそこには幻の6人目がいたという設定で、この6人目が主人公の黒子テツヤです。

その主人公、アメリカ帰りで無名な帰国子女の火神大我(ストリートバスケ出身のポテンシャル抜群の原石)と無名の高校で出会い、バラバラの高校に分かれてしまったキセキの世代がいるチームと戦って全国を目指すというお話なんですが、この火神くんはすごい才能の持ち主なんですが、主人公の黒子くん目立たない・フィジカルないなど練習では散々なわけなんです。

で、それが試合になると一変し、名前のとおり黒子となって周りの選手たちを生かし始めて、光となる選手が輝き始めて、チームが強くなるという特殊能力を秘めているというわけです。

登場人物たちのマンガのような能力

このマンガもですね他のバスケマンガと同じように、ガンガンダンクを決めたリ、コートの端などあり得ない距離からスリーポイントを決めたり(他のプレーやのプレーをコピー出来たリ、未来を予知するなんてなのもあったな)するチート級の選手が登場するわけですが、主人公たちが高校生という設定からしても、アリエネーという設定ですよね。

主人公も味方のパスを加速させたり、もらったパスをダイレクトで明後日の方向にパスするなどあり得ないことをやってのけます。何と言うかリアルそうでリアルでないマンガなんですよね。

スラムダンクも実際あり得ないけど、そこにテニスの王子様的エッセンスを加えたようなもんでしょうが・・・。

おそらく一般の人はマンガだなーと思うことでしょう。でもねあり得ないと思う能力がたくさん出てきたりしますが、大人の世界になると実際にこのマンガのようなことを実際にやってのける人たちがいたりします。

バスケットボールの世界にはマンガの中でやってたことを実際にやってのける選手たちがいるわけです。それが世界最高峰のバスケットボールリーグ、アメリカのNBA!

で、NBAにはリアルに黒子テツヤをやってくれたりする選手がいるわけです。そう、その人こそがマヌ・ジノビリことエマニュエル・ジノビリなわけです。

ノールックは当たり前、加速するパス、変態的なパスコース

これはですね、もう動画を見てくださいとしか言いようがありません。ガチでマンガの黒子テツヤがそこにいます。

ジノビリの場合、黒子テツヤと違ってパスだけでなく、ドリブルやシュートもあるわけですが、味方を生かすパス、シックスマンとしても活躍した、身体能力はそれほどでもないということを考えると色々共通点がたくさんあります。

いかがでしょうか?

黒子テツヤは誰をモデルとしたかは作者に聞いてみないと分かりませんが、このジノビリが一番モデルしては近いという意見も結構聞きますが、僕も個人的には改めてYouTubeなんかで動画を見て、やっぱり一番近いかなという感じがしますね。

ただ、最近まで存在を忘れていましたけど(笑)

同時期にはさらなるスーパースターが存在

正直に種明かしをすると、僕もNBAの試合を見る機会がめっきり減ってしまって、知識的には10年前で止まってしまっているわけなんですが、ジノビリを昨日動画で久々に見て

ああ、黒子のバスケってこいつが元ネタだったか

と繋がってこの記事にネタにしたわけです。

実はですね同世代の方ならご存知でしょうが、日本でもマイケール・ジョーダンの名前が認知されNBAファンが増え始めたころっていうのは、まだまだNBA中継なんてBS放送ぐらいで、日本で放送されるチームなんかってのはスター選手がいるブルズやレイカーズのようなチームぐらいだったんですよね。

あとそれらの放送をみてNBAという存在に興味を持ち、NBA2KというゲームなんかでBS中継で放送されるスター選手以外のチームを認識していくという流れでしたね。

そこから有名チーム以外の選手名やブレースタイルなんかはゲームで覚えて、それをたまたま見る放送で確認してから、ああこういう選手だったのかーという感じでしょうか。

ま、完全なニワカなんですがジノビリなんかのスパーズ、強いチームだというのは認識してましたが、たまにしかNBA中継がない当時

サンアントニオてどこやねん・・・

てなるでしょ。その程度だったわけですよ。


あと、素人目に分かりやすいのはディフェンスのいいチームよりオフェンスが派手なチーム。そりゃそれほど印象に残りませんて(笑)

あと、なんてたって僕が見ていた時代

コービーブライアントアレン・アイバーソン

というカナーリ分かりやすいスコアラーがSG(シューティングガード)にいましたから、当然目はソッチに行きましたよ。(あとレイ・アレンもいましたし、僕がガッツリ見てた頃ジョーダンは野球やってたりウィザーズにいたりしてたんで全盛期ではなかったですね)

個人的にはアイバーソンが一番好きだったんですが、繰り返すが完全ニワカにはジノビリは相手チームの面倒くさいやつぐらいの印象でしたね。

ただ、久しぶりに彼の実績を調べなおしてみたリ、スタッツやタイトルを見てもスゴイ選手ですよね。コービーやアイバーソンが引退した今でも現役っていうのはスゴイなとは思いますが、バスケ好きの人のブログ見てみると完全に過去の人って感じで時代を感じてしまいますね。

おそらくキャリアの最後を迎えつつあるのは間違いないでしょうが、これを機に強豪スパーズの全盛時の変態プレーヤーのプレーや日本でもプロリーグがひっそり行われているので興味を持っていただくとかつてのニワカNBAファンのおっさんにはうれしいですね。

ちなみに故郷のアルゼンチン・ブエノスアイレスには彼の銅像が建てられているようです。

もっとイケメンな雰囲気だったような気がしますが、老けましたね・・・。