今週も東京マイル戦 ヴィクトリアマイル2017

ヴィクトリアマイル

過去の勝ち馬には実績馬が並ぶ

今週もGⅠ、そして今日も競馬の記事です(笑)。

先週はレース前からいろんなデータを引っ張り出したり、血統面からああでもないこうでもいないと考えながらかなり気合の入った予想をしたものの、よく吟味せずにあっさり切った二頭が一着、二着を占めるという痛恨の結果を迎えたNHKマイルカップ(GⅠ)ですが、春のGⅠ戦線は今週も東京競馬場でマイル戦(1600m)ビクトリアマイル(GⅠ)が行われます。

先週は3歳馬のマイル王決定戦という名目ながら、実情はクラシックレース(オークス日本ダービー)を回避してきた若馬たちの残念レースで予想が難しかったのですが、今週はレース名でお分かりのように古馬牝馬(分かりやすく言うと4歳以上のメス馬)限定の戦いとなります。

過去にはウォッカやブエナビスタ、アパパネなど名牝と言っていい馬たちが勝ち馬として名を連ねているレースですが今回で12回目の開催となり、JRAのGⅠレースでも比較的歴史の新しいレースとなります。

例年通り実績馬が勝つのか皐月賞のようにあっと驚く馬が飛び込んでくるのか注目が集まります。

スポンサーリンク 

ヴィクトリアマイル(GⅠ)とは

東京競馬場1600mの距離で行われるGⅠ競走となり今年で第12回目の開催となります。夏のマイル王決定戦としては約1か月後に安田記念が控えており、3歳馬も含めたほとんどすべての馬が出走可能なため、レースの勝ちにくさという点ではこちらに劣りますが、古馬牝馬限定のレースであるため、有力牝馬を抱える厩舎にとっては一つの目標レースとなっていおり、安田記念への叩き台としてもかなり参考となるレースになります。

NHKマイルカップよりは断然予想がしやすい

現在の段階では17頭がレースに登録されていますが、先週の軸馬さえ決めるのも難しかったことを考えると、今回は非常に楽に感じますね。まぁ、もちろんそれで当たればいいんですが・・・(笑)。

今回はミッキークイーンという実績馬いることも理由の一つなんですが、やはり古馬戦線は各馬の戦績がたくさんありますので、馬によってどういった距離や競馬場を得意にしているのかがハッキリしていますし、ある程度同じレースで走った馬が多いのでレース展開も予想しやすくなります。

ただ、問題は牝馬限定のレースということですよね。先週のNHKマイルCでも一番人気カラクレナイが原因不明の凡走をするなど、牝馬はたまに訳の分からない負け方をしますし、逆にアッと驚く激走を見せたりすることがあります。こういった点が牝馬のレースの難しさなんですが、過去の勝ち馬12頭を振り返ると最初に書いたように結果的に実績馬が並んでいます。

ビクトリアマイルの過去の勝ち馬

第一回:ダンスインザムード・・・桜花賞馬でダンスインザダークやダンスパートナーの妹

第二回:コイウタ・・・桜花賞3着。12番人気での勝利。

第三回:エイジアンウィンズ・・・11戦6勝着外1回のみで結果的に底を見せないまま引退。

第四回:ウォッカ・・・牝馬ながら日本ダービーにも勝ったGⅠ7勝の近年最強牝馬。牡馬を含めてもレジェンド級の馬。

第五回:ブエナビスタ・・・2つ上のウォッカと同様牡馬相手にも互角に渡り合いGⅠ6勝を挙げた牝馬最強時代を支えた一頭。

第六回:アパパネ・・・阪神JFを制したほか、牝馬クラシック三冠を達成。

第七回:ホエールキャプチャ・・・四歳時には4番人気で制したものの、三歳時はエリザベス女王杯で4着に沈むまですべてクラシック戦線ですべて3着以内をキープした実績馬。

第八回、第九回:ヴィルシーナ・・・ご存知元メジャーリーガー佐々木一浩が馬主の実績馬。クラシック戦線はすべてあのジェンティルドンナの2着。

第十回、第十一回:ストレイトガール・・・晩成の短距離馬。第九回も3着と結果的には東京コースが得意だった馬。

こうして改めて勝ち馬を見ると第二回のコイウタ以外はそうそうたるメンバーが並んでいるんですよね。当然勝てなかった馬の中にも強かった馬もいますが、データ上は実績馬ははずしてはいけないというのがよく分かりますね。

荒れるとすればストレイトガールのようなタイプが来た時なんでしょうが、今週はビシッと当ててみましょう。(予想ページは下のリンクからご覧になります)

第12回ヴィクトリアマイル2017 予想
来週はオークス、再来週は日本ダービーとクラシック戦線の大一番を迎えるわけですが、今週(2017年5月14日)の競馬は夏の古馬最強牝馬決定戦の第12回ヴィクトリアマイル(GⅠ...

最近競馬ネタばかりですね(笑)。

結構ネタ探し大変なんでついつい書きやすい競馬やマンガネタに行ってしまうので、興味はない方ゴメンナサイ。リクエストでもあれば書くのは楽なんですけどね・・・。


スポンサーリンク

フォローする