日本ダービー2017 決め手となるデータはどこにあるのか?

日本ダービー

競馬に全く興味のない人や子供でも、とりあえず知っているレースを挙げろといわれればまず間違いなく名前が挙がるレース、それが”ダービー(derby)”こと日本ダービー(東京優駿:GⅠ)でしょうが、今週(2017年5月28日)はいよいよ東京競馬場で第84回目の日本ダービーが行われます。(画像引用:JRA公式サイト「東京優秀(日本ダービー)」より)

先週のオークス(GⅠ)は一番人気ソウルスターリングが人気や前評判以上の圧倒的な強さを見せつけて勝利し、まだ余韻も冷めませんが、果たして2014年生まれのサラブレッド約7,000頭の頂点立つ馬はどの馬でしょうか。

直前記事として、混戦と言われる今回の日本ダービー、どういったアプローチで予想していくかそのアプローチ方法を少しだけ考えてみたいと思います(レース予想は別記事となります。)

スポンサーリンク 

日本ダービー(GⅠ)とは

日本ダービーとは東京競馬場(2,400m)で行われる3歳馬限定のレースであり、皐月賞、菊花賞とともに牡馬クラシックレースの一つとなりますが、その歴史や世界中の知名度・注目度の点から3歳限定レースの中では一番格式が高く、フロックでは中々勝てないレースであることなどから、勝ち馬は間違いなく種牡馬としての供用がほぼ約束されます。

また、競馬に携わる騎手や調教師、馬主や生産者などすべての競馬関係者が勝利を憧れるレースでもあります。現在でこそ日本ダービー5勝という他の追随を許さないほどの実績を持つ、”生きる伝説”武豊ジョッキーも中々勝てないレースとして有名でした。

本来オークスよりは予想はしやすいが・・・

過去に83回も行われているので様々な過去データが揃っていますし、経験上はオークスに比べて日本ダービーのほうがレースそのものは予想はしやすいのですが、今回は非常に悩ましいデータが多いと思います。

皐月賞上位馬が心もとない

まず、本来なら一定の評価の基準となる皐月賞の上位組ですが、1着アルアインがアーリントンカップで6着に負けているところが気になり本番で飛んでもおかしくないし、皐月賞の勝利もスピード勝負で展開のアヤが若干あったような印象だった。

次に2着ペルシアンナイトですが複勝圏内にとどまる非常に安定した成績を残していますが、皐月賞はコース取りの要因が大きそうで、もう一度レースをやると順位が変わりそうな印象を受ける。

3着ダンビュライトは3戦連続3着で父ルーラーシップと同じく善戦マンの可能性がある。

このように信頼が若干おけませんし、皐月賞の人気馬もファンディーナはしょうがないにしても、負けすぎという印象を受けます。

血統的に弱点のある馬が見当たらない

次にオークスでは有効であった血統による取捨選択なのですが、現在の段階で日本ダービーには19頭の馬が選択されていますが、種牡馬ごとに登録頭数をあげていくと

ディープインパクト・・・4頭

ハーツクライ・・・3頭

キングカメハメハ、ステイゴールド・・・各2頭

マンハッタンカフェ、リーチザクラウン、ディープスカイ、ジョーカプチーノ、ルーラーシップ、スクリーンヒーロー、NewAproach、ハービンジャー・・・各1頭

以上の種牡馬の名前だけ見てもですね、一番距離面で心配なのがキングカメハメハぐらいなんですが、それでもあくまで比較論の話なだけなんでクラシックディスタンスは母系しだいですが、全然対応できるタイプなんですよね。

だから非常に判断が難しくなります。

過去の混戦ダービーの勝ち馬に似たようなケースを探すしかない?

となると最後の方法は過去の混戦だった日本ダービーと似たようなケースを探すしかないというふうになるのですが、実はこの記事ではかなりの長文で長時間かけて書いていたんですが、袋小路に入ってしまい、まとまらなくなって悩んだ挙句消しました(涙)。

古くはタヤスツヨシやサニーブライアン、アグネスフライトが勝った日本ダービーまで引っ張りだしてきたりもしてたんですが、つらつら~と記事を書いていてふと、自分の都合のいいデータしか引っ張りだしてきてないことに気づいたんですよね。

ま、競馬記事によくありがちな1番人気が強いレースだとか、前走このレースの勝ち馬が相性がいいとかよくあるとは思うんですが、こういうデータを見ると僕は馬によってちゃうだろ!とか思ってしまう派なので、そういう方向にもっていくのはイヤなので消しました。

あと予想としては、展開をガチガチに予想してからの末脚の比較とかやったりするのもありなんですが、最近のレースは上がりが基本的に早いのでこれも難しいですよね。

今回はあくまで直前記事なので、次の予想記事までにはしっかりと根拠を持って予想したいと思いますが、こういった時は意外と悩まずにポンポンポンと直感で消していったほうがいいような気もしますね。

んー結局中身ない記事になってしまいました(笑)。

(追記)

予想ページ追加しました

日本ダービー2017予想 血統と過去のダービー馬から勝ち馬を探す 
さあいよいよ今週は春のGⅠ戦線でもクライマックスと言える第84回日本ダービー(東京優駿:東京競馬場2400m:GⅠ)がやってきました。前半戦の最後には人気投票で出走馬の決ま...


スポンサーリンク

フォローする