アームレスリングて凄いじゃねぇか!!

巨大な男たちが行き詰まる戦い そりゃアメリカで受けますわ

まずは下の動画をご覧ください。

何やらレスリング上で大男たちが大観衆の中腕相撲、いやアームレスリングでファイトしています。熱気ムンムンの右の男に対して、左の男はファラオにでも模した被り物をして平然と受けていますが、結果は想像通り・・・

今回の記事、実はですねイカがカニの群れに無残にバラバラにされるという動画が衝撃でなんだか悪趣味だったので、他に似たような動画ないかなとYouTubeを探してたら目に入ってきて、思わず見入ってしまった動画です。

日本では一部の愛好家の間にしか浸透していないアームレスリングの世界ですが、やっぱり上のような男の人たちが腕相撲するだけでさすがに絵になりますね。


そしてこの動画についている世界最強腕相撲勝負というキーワードでググっていると下のような動画が出てきました。

左の方はアメリカのドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場していたマウンテンことグレガー・クレゲインを演じていた、ハフポル・ユリウス・ビョルンソン(Haftor Julius Bjornsson)という人で、世界の力自慢を決める「世界最強の男(World’s Strongest Man)」で何度も上位にも入賞しているそうです。腕の太さを見れば怪力なのは一目瞭然ですね(笑)

そして対する右の方が、デヴォン・ララット(Devon Larratt)というカナダ出身のプロアームレスラーだそうでして、ワールド・アームレスリング・リーグにおけるヘビー級及びスーパーヘビー級のチャンピオン・タイトル保持者だそうです。

え?右の人がチャンピョンですと?

結果は・・・

あっさり負けすぎて左の方笑っちゃってますね。腕の太さだけが重要じゃないことがよく分かりますね。さすがチャンピョン。

そしてチャンピョンのデヴォン・ララットが対戦している動画が関連動画としてあったので、チェックしてみると対戦相手当時50歳。かなりおっさんじゃねーか。

デヴォンは当時40歳のようです。

えーと、左のおっさんメッチャ強ええんですが・・・。

調べてみると、左のおじさんアームレスリング界の生きる伝説ジョン・ブルザンク(John Brzenk)という方だそうです。

いや年行っても強すぎじゃね?(笑)

そして探していくと日本のチャンピョンの金井義信さんて方とも対戦してますね。

そりゃレジェンドの壁、世界の壁は厚いですよ(笑)。



で、その金井さん。汚名返上と言うべきか、当時はリアルタイムでも見てましたが、テレビの企画で芸能界代表?として、これもかつては怪力としてならし当時は爆発的人気だったボブ・サップとも対戦していますね。まぁ、ボブサップはいい勝負するんだろうが・・・(結果は覚えてない)

ボブ・サップ瞬殺www

ボブ・サップも惨敗過ぎて笑ってますが、そういえばこの力関係見るとチャンピョンどんだけ強いねん(笑)

いやはやスゴイ世界もあるもんですね。

そういえば最初の大男二人のアームレスリング何だったんだ?(笑)

ちょっとショーぽいところもあるし、もしかしたらどこかのプロレス団体の演出の一つだったのかもしれませんね。