超私見で週刊少年ジャンプの現連載陣を振り返る(前編:ONE PIECE~)

みなさんこんにちは。今日はお仕事でちょっとお疲れの僕です。

ということで、今回は前にも書いたジャンプなんですが、サラッと書けそうなネタなので、題して週刊少年ジャンプ向上委員会シリーズとして、現在の連載漫画の個人的な感想を書いていきたいと思います。



なお、週刊少年ジャンプ公式サイトに載っていた順にふりかえっていきますが、完全に個人的な感想ですので、ファンの方ゴメンナサイという内容もあるかもしれません。はじめに謝っておきます。

あくまで週刊少年ジャンプに立ち直ってほしいという思いで書きますし、連載が大変なことは十分理解していますので、作者の方も一意見として聞いていただくぐらいでお願いします。

『ONE PIECE』尾田栄一郎

問答無用の日本が誇るお化けマンガですね。大変熱心なファンがいますし売れるのもよく分かります。

ただ、個人的には昔から少し絵がごちゃごちゃしているのと、話の展開が遅い、またそのわりに毎回最後は同じような展開で終わるなど、どこか読んでいて疲れます。

絵も含めてストーリーもそうなんですが作者はすべて描こうとしている印象をうけるので、BLEACHのように色々な部分に間を設けるともっと読みやすくなったとは思いますが、今さらは無理ですよね(笑)

ONE PIECEがお休みの週のジャンプは完全にスカッスカで、今のままこの漫画が連載を終えるとジャンプは終わりですよね。

ただ、作者が生きているうちに完結するかという問題はありますね。

『銀魂』空知英秋

最近は完結へ向かってシリアス路線に向かっているようですが、前にも書いたように絵があまり自分好みでなかったのと、ギャグ路線が自分に合わなかったので、連載当初からパラパラッとしか読んでいません。

ただ、連載を長くやっているので画力は上がっていると思うので、今度は本格的な正統派マンガに挑戦してみると面白いマンガを描くのではないかと期待していますし、ポテンシャルはある人なんじゃないのかなと思います。

ただ、ジャンプの歴史からすると消えてしまう可能性のある絵柄ではありますね。今後編集部がどう扱うかは注目です。

『HUNTER×HUNTER』冨樫義博

ご存知の通り現在休載中ですね(笑)。

連載が再開すればニュースになるぐらいのマンガですが、絵・キャラクター・ストーリーとすべてがトップクオリティにある神マンガだと思います。しかし、連載しないことにはどうしようもないですね。

ま、この漫画も作者が生きているうちに話がキッチリ終わるか心配されるマンガですよね。

マンガの内容に関しては、ケチのつけようがないとは思いますが、実はこの人がブレイクのきっかとなった幽遊白書、個人的には絵が好みがなかったので実はあまり好きではないマンガでしたね。ただ、魔界編?は面白かったですけど・・・。

『ハイキュー!!』古舘春一

実は連載当初は読んでませんでした。(ゴメンナサイ)ただ、半年前にマンガ喫茶で全巻チェックしたので内容については現在把握しているつもりですが、やっぱりちょっと絵柄がもうちょっとなんとかならなかったかなーという感想ですね。

いかにもジャンプぽいマンガでいいと思いますが、どうも試合シーンになると気怠いんですよね。無名高校の主人公二人が相手に舐められながらも、才能が覚醒していくシーンをもっと見せつける方向でいいと思うんですが、相手高校をフォーカスし過ぎのような気もするし、全国にあっさり行き過ぎな気もするし、こういったスポコン物は読み終わった後の爽快感こそが人気のきっかけだと思うんですが、その部分がどこか足りてないような気がしますね。



『斉木楠雄のΨ難』麻生周一

ゴメンナサイ連載当初はチラッと読んでいましたが、現在読んでいません。こういったマンガは絵柄が決して取っつきやすいものではないので、軸となるマンガがあってこそのマンガだと思うんですよね。

好きなマンガを最初に読んでいって、最後にコレ読んでなかったなという感じのポジション的なマンガだとは思います。

『食戟のソーマ』附田祐斗・佐伯俊・森崎友紀

僕のあまり好きでない料理マンガということで、連載当初読んでませんでしたが、アニメをきっかけに読み始めたマンガです。

アニメを見てて料理を食べたあとの描写は最初笑いましたね。他のマンガも見習うべきだとは思うんですが、売れていないマンガはブレイクスルーを狙うなら、こういった今まで見たことないような表現をやってみるべきだとは思いますが、この辺りは編集部次第何ですかね?

ただ、料理マンガだけあっていつもすぐにマンネリ感が出てきてしまって、話を作るのが難しいネタなんじゃないかなと思います。

ソーマが第一席になってしまうと話は完全に終わってしまいますが、こういったマンガスピード感もたせて、サクッとゴールさせたほうが、話としてもきれいだと思うので、出来るだけ無駄な引き延ばしや、無駄な話は入れないほうがいいんじゃないかなと思いますね。

『ワールドトリガー』葦原大介

これも連載してませんね。しかし現在連載ランナップでは個人的には一番のお気に入りです。そして連載当初読んでいませんでした(笑)。

これも読み始めたきっかけはアニメです。ただ改めて最初から読み直すと久々に度肝を抜かれましたね。最初は絵柄がどうしても平面的でスピードが内容に感じましたが、ストーリーがよく練られているしキャラクターも立っている、オリジナリティなど読ませる要素満載で、今はこの絵柄が逆にあっているような気さえしますね。

アニメは多分現在やっていませんが、オリジナル回をやった時はクソつまらなかったのを見て、改めて原作の素晴らしさ作者の才能を実感させられましたね。

後編はこちら

超私見で週刊少年ジャンプの現連載陣を振り返る(後編)
昨日に引き続き、週刊少年ジャンプ向上委員会シリーズ二日目、週刊少年ジャンプの現連載陣のを振り返る企画の後編です。 昨日は、疲れていたので比較的サクサクと筆(というかタイピング...