TBS日曜劇場 ドラマ「小さな巨人」前半戦の感想(ネタバレあり)

「敵は味方のフリをする」

このキーワードを軸に警察内部の不正や裏切り、組織の闇などをテーマにしたTBSドラマのエース枠日曜夜9時から放送されているドラマ「小さな巨人」ですが、一昨日(2017年5月21日)の第6話から豊洲署に舞台を移して物語はいよいよ後半戦に突入しました。

ドラマ「小さな巨人」登場人物全員共感できない(感想)
ドラマのTBSの得意枠 TBSと言えば他局がドラマで苦戦する中、放映前は対して話題にならなかったのにいつの間にか世間を賑わすHIT作品を作り出すなど、どちらかと言えばテンプレ...

放送開始時の記事では少し登場人物に共感できない印象を受けましたが、ちょうど物語の前半が終了したのでここまでの感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク 

ドラマ「小さな巨人」前半のあらすじ(多少ネタバレあり)

未視聴の方に簡単にネタバレありであらすじを説明させていただきますと、主人公の香坂(長谷川博己)は警視庁でも重大な刑事事件を捜査する捜査一課に属し、数々の実績から将来は捜査一課長への就任も期待される優秀な刑事でしたが、ある日、前捜査一課課長でもあり現在は所轄の芝警察署署長である元上司の三笠(春風亭昇太)や現捜査一課課長の小野田(香川照之)と会食を行います。

その帰り道、プライベートではあったものの、刑事の感からふと気になった男女に声をかけて小さなトラブルになったのですが、実はその声をかけた男、中田隆一(加藤晴彦)が実はIT会社中田エレクトロニクスの御曹司であり、翌日何気なく香坂が出勤すると飲酒して警察官が民間人に絡んだということで大問題になり、彼は捜査一課での場所を失い所轄の芝警察署に配置換えとなります。

ノンキャリアのあこがれである捜査一課課長への道を断たれた香坂ですが、芝署ではあくまで所轄の現場刑事の一人ですので、捜査一課での経験や実績、人間関係などは生かされず、目の前の事件に取り組んでいくことになります。

そこである日、通信会社ゴーンバンクの社長(桂分枝)が誘拐されるのですが、この男こそ自分が配置換えの原因となった中田隆一の実の父親だったのですが、この誘拐事件の根幹にはある女性の自殺が絡んでおり、捜査を進めるうち自殺の原因には中田隆一が関係していることが判明し、実は自殺ではなく彼女は殺されたではないかと疑いが強まっていくというお話です。

この殺人容疑に対し、主人公を始めとして芝警察署の面々は捜査を進めていくものの、事件の重要参考人に辿り着いたと思ったら肝心なところで警視庁にそのお参考人を持っていかれたリ、殺しの核心に辿り着いたとおもったら捜査情報が漏れていたりということで、明らかに警察内部に裏切り者がいるということで、その人間探しなどが事件の解明とともに進んで行きます。

小野田(香川照之)は結局味方なのか悪玉なのか?

さてここからが感想ですが、まず主人公の香坂の捜査一課のエリート刑事からけなげに所轄で頑張る現場の刑事への意趣返しぶりですが、このあたりは第一話ではものすごーくきにはなりましたが、二話目からは順応してたというか、もはやそんなことはなかったことにされているので、恐らく僕も含めてほとんどの人が忘れてしまったいい思い出です。

多少強引な脚本ではありますが、まぁこれは許しましょう(笑)。

長谷川博己演じる香坂も最初は弱いかな?とは感じていましたが、彼の犬となるヤスケンこと安田顕が演じる渡部の存在がバランスとして効いていましたね。また芝署の面々の忠実な犬ぶりもナカナカのもので、彼ができる男ということを見せるための演出としては良かったと思います。ただ、普通に考えたらいきなり敵である捜査一課から来た鼻持ちならないエリート刑事がいきなり来たら最初は反目しそうなもんですが、そこも見なかったことにしましょう(笑)。

次に岡田将生君演じる捜査一課課長の忠実な犬で、いずれ課長の座を狙うという野望を隠さない運転手(笑)山田ですが、彼は元々最初からキャリアへのコンプレックスをもった野心タップリのキャラが徹底していたので、彼の存在は脚本上は一番違和感ないキャラでしたね。

ただ、しょっちゅう所轄の捜査に絡んできてたりして、公務員てそんなに自由に動けるもんなのかという突っ込みどころはありましたね。

で、問題は小野田(香川照之)さんでしょう(笑)。所長の三笠(春風亭昇太)なんかは黒幕感満載で予想通りではありましたが、小野田の考えがとにかく分からないですよね。

香坂が飲酒していたことを上に報告したり、山田を張り付かせたりして彼を監視していたのは彼が捜査一課にいられると困るという何らかの事情がある(恐らく後半はこのあたりのネタバレなんでしょうが)からということで分かるのですが、芝署編の黒幕は小野田という流れを作っておきながら実はそうじゃなくて、山田も含めて自分が疑われているのが分かると、うろたえることなく激怒。

前半戦のまとめ方も小野田は警察署内部の裏切り者をあぶり出すためにあえて所轄の捜査の邪魔をしていたというようなオチでしたが、三笠署長にも対抗心を露わにしていたり、香坂を出世の道から突き落としたり捜査の邪魔してたり、自分の忠実な犬である渡部も振り回した挙句に突き放すような言動。

恐らく今後は悪役と見せかけて実は善玉か超悪役というオチしかないと思うんでしょうが、主役の香坂と同じように

小野田課長の考えが分からない(笑)

こんな視聴者も多かったのではないでしょうか。

脚本的には最後に向かうにつれて伏線回収を行っていくというストーリーなんでしょうが、前半戦最後の三笠署長の黒幕判明までの展開と、キャラクターの安っぽい変貌ぶりをみていると、お寒いラストが待っているのではないかと心配でなりません。

雰囲気は「半沢直樹」や「下町ロケット」なんですが、全く爽快感のないどんでん返し、一話一話は一応ビシッとは〆ているものの演出的に整合性のない伏線など、もうちょっと大元の部分を丁寧に練り込んだほうがいいのではないのでしょうか。

リアルタイムでの視聴にはなんとか耐えられるドラマだとは思いますが、再放送やDVDで振り返りながら見ると粗ばっかり目立ちそうな雰囲気がします。

まだ未視聴の方には一言

香川照之さんの顔芸だけをお楽しみください

こんな言葉を贈りたいと思います。