無線LANルーターの選び方

今やなんでもかんでも無線接続が当たり前の時代

最近はパソコンでインターネットをするのは無線が当たり前、プリンターやオーディオ、テレビでさえも電源以外はほぼノーケーブルな時代が当たり前になってきましたが、あなたはこの無線接続についてどれだけ理解していますか?

上記にあげた無線接続する家電にしても無線接続の方法はBluetoothWi-Fiと大きく二つに分かれたりしますが、全く別物というほどでもなくてそれぞれの強みを生かして使い分けが行われていたりします。

今回はその中からWi-Fiには必須である無線LANルーターを取り上げてみたいと思います。不動産売買もできる家電WEBマスター(笑)シリーズ第二弾です。

スポンサーリンク

そもそもWi-Fiや無線LANって何?

まず機械音痴な方のために根本的なことから説明させてもらうと、Wi-Fiや無線LANについては一般的には同義語のように使われることが多いのですが、Wi-Fiというのはパソコンやスマートフォンなどの端末から無線LANルーターに通信するための技術であり、無線LANというのはそのWi-Fiによって端末同士などが認識しあって構成されるネットワーク全体のことを指すというのが正確な表現でしょう。

かつて無線接続がなかった時代なんかはLAN(Local Are NetWork)とのみ言ってたりしましたが、それが無線でつながっているの無線LANというだけです。だからLANケーブルなどでパソコンや周辺機器が優先接続されている場合は有線LANでネットワークが構成されている状態となります。

この煩わしいケーブル類を排除するために必要なのが無線LANルーターであるわけなのですが、ご自宅に光回線やADSLの回線が来ていればすぐにでもルーターを用意すればご自宅の無線化が可能になります。

ではどの無線LANルーターを選べばいいのか?

僕も家電量販店に潜入捜査(何じゃそりゃ)していると、担当外(某メーカーの傭兵なんで)にも関わらずしょっちゅう”どのルーター選んだらいいですか?”と質問を受けたリ、回線系のメーカーの人達が説明をしてたりするのを横で聞くことが多いのですが、聞くほうも教えるほうも驚くべきことにほとんどよく分かっていません。さすがにその量販店の担当社員さんだとそんなことないのですが、話をしてみると僕の知識と同じぐらいだったりします。(僕もそこまで理解しているとは言えないんですが・・・)

そこで前々からこのネタについては記事にしようとしていたわけですがついに思い立ったわけですが(前置き長!)。無線LANルーターなんて素人が家で普通にネットをする分に関しては選ぶのは全く難しくありませんので以下のポイントに注意しながら自分にあったルーターを選んでください。

何人でWi-Fiを使うか?(アンテナの本数)

まず最初のポイントは自宅の広さや形状、そして家族何人ぐらいで使うかということですが、まず一人暮らしもしくは夫婦二人ぐらいで3LDKの平屋、もしくはマンションだったら5000円ぐらいの普通のルーターで十分です。

ここでルーターを買われる方が一番気になる所は恐らく電波の感受能力でしょうが、実はこれを正確に表す基準は各社で発表しておらず、比較すらされていません。これはなぜかというと、僕の想像ではありますが、それぞれ家庭で家の形が違ったり、木造や鉄筋コンクリートでその電波の届き方が違うためうっかり表記できないせいだと思います。だからどのルーターがどこまで電波が届くなんてメーカーの人間さえ分からないもんなんです。

だから、もし自宅が3階建てやマンションでも100㎡ぐらいあるような場合は、高い無線ルーターを買うか、真ん中ぐらいのグレードのルーターを買って中継器を使ってくださいというアドバイスとなります。ま、結局のところあまり自宅の広さは重要でないかもしれません。

と、なると一番のポイントは何人でネットをするかという問題です。実はルーターは最大速度ばかりに目がいきますが、パッケージについている4×4とか2×2という数字のほうが実は重要になってきます。これは無線LANルーターに内部的に何本のアンテナがあるかという表記になりますので、家族4人で同時にネットをしようとしたら当然2×2(送信用2本、受信用2本)とかでは当然物足りなくなるわけです。

実際にはスマートフォンやパソコンでネットをする際のデータの受け渡しをするのは動画とかを垂れ流さない限りは一瞬なので問題はないのですが、家族が多いご家庭などの場合はこのアンテナ本数を気にしておくといいでしょう。パッケージに表記してある推奨使用人数や台数もこのアンテナ本数がほぼ基準となっています。

どうせならac対応の無線LANルーターにしておくべき

無線LANルーターのパッケージに目をやると、最大速度1300とか800とかと書いてある部分が一番目立ちますよね。実はそこ重要じゃありません。てかそこまで絶対速度出せない。

ここで重要なのはその対応するWi-Fi規格です。パソコンやプリンターに関わらずテレビもそうなんですが、パンフレットの通信規格欄をよーく見てみるとIEEE802.11acとかnとかaとかgと書いてあります。

はいここ重要。テストに出まーす!(教師風に)

結局のところですね無線LANルーターに表記されている最大速度というのはこの規格ごとの最大速度になりますので、どのメーカーも理論的には同じわけなんです。だから見るべきところはどの規格に対応しているルーターかということが重要になります。

しかもこの規格によって得意不得意分野があるので覚えておくといいでしょう。

まず、大前提としてWi-Fiは主に2.4GHz帯と5GHz帯の二種類の周波数帯を使用するのですがそれぞれにメリットとデメリットがあります。僕のように一昔前(と言っても4年前に買ったやつだけど)の無線LANルーターを使っていれば恐らく対応規格はagになっている(ルーター本体のパスワードもこの二種類が書いている:正確にはIEEE802.11aとIEEE802.11g)はずですが、このような場合はaが5GHz帯を使用しており、gの規格を使ってネットをすると2.4GHz帯を使用していることになります。

肝心のメリットデメリットですが一般的な話としてgという規格が使用している2.4GHzというのは一般的には電子レンジやオーディオの無線規格であるBlutoothによる電波干渉を受けやすいと言われます(てか電子レンジの影響は間違いなく受ける)。かたやその影響を受けないのが5GHz帯のaという規格なのですが、こちらは電波干渉を受けない代わりにgよりも電波が届く距離が短いと言われているので、自宅が広い場合などはaでは届きにくいので、電波干渉を受けやすくなりますがgを使って接続したほうがいいというわけです。いずれの規格も最大速度は54Mbsと言われています。(昔の感覚からすると十分なスピードだと思いますが)

そして実はn(IEEE802.11n)という規格もac(IEEE802.11ac)との間にあるのですが、今は恐らくもうメジャーになることはないと思うので飛ばすとしてaとgその両方の弱点を改善したのがacという規格になります。この規格は5GHz帯を使用していますがaよりもその送受信の距離が長くなっていると言われていまし、最大通信速度も理論上はaやgの100倍近く出せます。(今市販のルーターではせいぜい20倍ぐらいですが)

ただ、リサーチをしてみると分かるのですが、このacにも弱点はあるようでして、対応機器もまだまだ出そろっていない(iPhone 6ぐらいだと非対応なはず)、障害物が多いと回線が安定しないといったレポートもあるようで、一つ前のnを使ってたほうが安定していたという意見もあるので、絶対な存在とは思わないほうがいいでしょう。

ただ、ルーターそのもにac対応と書いてあるということはある程度最近出たルーターであることの証明になりますし、それより以前の規格のnやa、gの規格には当然対応しているということになりますので、一つの目安にはなるはずです。だから普通の家のサイズで2,3人以下でしかネット使わない場合はac対応と書いてあるルーターであれば特段問題はないような気がします。

その他の無線LANルーター選びのポイント

「MU-MIMO」

もうお分かりだとは思いますが、正直ルーターは5000円ぐらいのやつでいいということなんですが、”じゃぁ5000円ぐらいから15000円ぐらいのルーターあるけどどう違うねん?”という話になると思います。実はよく見ると若干違いはありますが、ポイントは混雑時の振り分け能力でしょうか。

実はですね上で説明したアンテナ本数ですが、aとかgとかのルーターで4本のアンテナがあっても実際は4つの同時の通信を行なってもらえるわけではありません。一瞬の話ではありますが、基本複数の電波を受信していても一つの通信が終わるまでは待ちの状態になっています。だからかなり短い時間帯で考えると複数のアンテナがあるのはそのカバーエリアを増やすためであり、実際は一つのルーターに対して一つの通信しか行えていませんし、アンテナ本数の多さが逆に干渉を起こすというデメリットもあるようです(このあたりからは僕の勝手な理解になるので嘘言ってるかもしれません)。

それを改善したのがnなどの規格から使われる「MIMO」という技術となります。この技術により複数のアンテナを逆に活かして障害物に強い通信環境を実現したり、いわゆるビームフォーミング(端末を狙い撃ち)を可能にしています。

そしてそれがさらに進んだのがac規格から登場した「MU-MIMO」という技術。ようはMulti User MIHOということで、「MIMO」の良さを活かしながらも基本一つのルーターに対して一つの通信しか行えていなかったのを同時に処理することが可能にしています。これにより若干あったライムラグ(ほんの0.何秒の話だとは思いますが)がなくなることになるので、ご自宅でたくさんの人がネットを使用する場合は、この「MU-MIMO」という技術が使われているルーターを使用すればより通信環境が改善されやすくなる可能性があるわけです。

むき出しアンテナ

もう一つのポイントはアンテナの形状でしょうか。基本無線LANルーターを見ると一般的なものは箱型になっているとはおもいますが、高いやつなんかを見ると棒が出ていませんか?これがアンテナになりますが、基本的なやつはこれが内部に収納されてコンパクトになっていますが、外に出しむき出しにするメリットがあるから出ているわけです。

なぜかというとこの棒状のアンテナというのは基本垂直に電波の送受信をするんで上を向けておければ水平方向に強くなるし横に寝かせておけば上下に強くなります。だから2階建てなんかに住んでいて電波が届きにくい場合などはこういったアンテナが外に出ているタイプのものを使って、アンテナの向きを調整してやれば改善されるという可能性もあるわけです。

あとこれは余談ですが、このアンテナの後ろにアルミホイルを囲んでやることにより電波を拾いやすくするという話を聞いたことありますが(イメージとしてはBSアンテナ?)、本当なんでしょうか、誰か試して教えてください(笑)

有線GIGA対応

あとよくあるのがパッケージの見た目が同じで値段が違うものがあります。この場合は大体有線接続した場合の最大速度の違いがあり、有線接続した場合に最大1Gbpsで通信できますが、無線LANルーターを買ってわざわざ有線接続する人はよっぽど詳しい人なので、あまり気にするとことはないと思います。

まとめ

基本的にみなさん家電量販店で買うかインターネットで無線LANルーターを買うことになると思いますが、家電量販店の店員(と思わせといて通信会社の指金とか)や口コミは大体いい加減なものが多いです。

よく分かっていない通信会社の女の子の説明を横で聞いている(聞こえてくる)と、このルーターにすると多分早くなりますよ!とか言ってたりしますが、結局インターネットの元々の通信速度が遅ければ無線LANルーターのキャパシティ(最大通信速度)を上げても意味ありません。分かっている人には何を当たり前の話をとなりますが、こういう人は本当に多いです。(だからこんな当たり前の記事を書いているのですが・・・)

結局のところですねマンションなんか(うちも分譲マンションでかなり街中なんですが)では各戸恐らく100Mbpsもは絶対に出ていないと思います。一番確実なのは有線接続してその速度を図ってみてほしいのですが、そこで1Gbps出ていない限りは無線ルーターの最大速度がいくら大きかろうが無意味という話になるとは思います。イメージとしては家の中の水道管がいくら太くても道路から家につながっている水道管が細ければ意味がないということです。

だから高いルーターを選ぶ際にはあくまで同時処理の性能や電波干渉の点で安心感や改善点があるという認識で買うといいでしょう。お金があれば一番高いの買うといいのでしょうがコスパで言えばホント5000円のやつでいいと思いますが、ルーターというのはメーカー間による差が分かりにくく性能もあまり変わらないと思うので、あまり悩む必要はないと思います。

最後の最後に軽くまとめると

  • 2、3人以下で普通の家で使うのなら5000円でOK
  • 出来れば部屋の真ん中に置く
  • 回線速度を最大限上げたいのなら有線ルーター使うべき
  • 大きい家なら中継器使ったほうがいい気がする(使ったことないので知らん)
  • あまり高いやつを買ってもすぐ新しい規格がでるのですぐローテクになる可能性がある

こんなところでしょうか。

あくまで独学での知識なので大嘘書いていたらゴメンナサイ。でも一応エ〇コムの営業さんには軽く聞いたことがあるので大体あっているはずです(笑)。