動物園のニホンザル雑種だったので殺処分

胸糞ニュース?自治体の血も涙もない処分なのか?

最近は犬や猫の殺処分ゼロを目指す活動や団体が取り上げられることが多くなってきましたが、今回はニホンザルに関してちょっと考えさせるニュースが飛び込んできたので取り上げさせてもらいたいと思います。

 千葉県富津市は20日、ニホンザルを飼育する高宕山自然動物園(同市豊岡)のサル全164頭をDNA鑑定した結果、約35%にあたる57頭が特定外来生物「アカゲザル」との交雑個体だったと発表した。57頭は外来生物法に基づき殺処分された。同園近くの高宕山一帯は「高宕山のサル生息地」として国の天然記念物に指定されているが、周辺で交雑が進んでいる実態が浮き彫りとなった

引用元:yahooニュース(外来ザルと交雑3割、57頭処分 富津・高宕山動物園:千葉日報オンライン)より


今回の一件、この高宕山自然動物園や富津市というのはなんて酷いことをするんだと少し憤りを感じまし、恐らく世間一般の感想も大体同じでサルに罪はないのにかわいそうという意見がほとんどでしょう。

おそらくこの報道により、動物愛護団体や一般の方から、かなりの抗議がくるのは間違いないでしょうね。僕も第一印象ではそういった気持ではありましたが、よくよく考えてみるとこの問題は簡単ではないように思えます。

ニホンザルという固有種が減っていく

ニホンザル今回のニュースに関しては物事の上っ面だけとらえると、かなりかわいそうなニュースであり市や動物園はかなりひどいことをしたと感じさせられますが、果たしてそうなのでしょうか。

元の記事を読む限りニホンザルの飼育している場所を仕切るフェンスの高さが低かったということで外来種の交雑がすすんだということは、正直人間の責任でしょうがなく言い逃れはできないことだと思います。

ただ、現状このまま交雑種を間引きせずに飼育した場合、今後フェンスの高さを上げても混ざってしまったものはしょうがなく、純粋なニホンザルが同園ではゼロになってしまいます。

これが人間の世界ならまぁ国際化の流れなんで純粋な日本人がいずれゼロになるというのはしょうがないかなとは思います。(元々日本人と言っても縄文系や弥生系、中国から来た渡来系、アイヌ系など混ざりまくってますがね)

ただ今回の問題の場合は固有種であるニホンザルが減ってしまうとなると、簡単に殺してはいけないとは言えなくなってしまいますよね。例えば魚の世界だと外来種として悪者であるブラックバスを駆逐するのはほとんど何にも言われませんしね。

人間に近いサルだから少し感情的な意見も出るでしょうが、本来動物園の人や市の関係者の方もなんらかの方法で殺処分を逃れる方法は模索したはずです。

メディアの難しいところは字面だけとると悪者を作り上げることは簡単ですが、そこに至るまでのプロセスは当然あったはずなので、しっかりとその部分にもフォーカスして報道はしてもらいたいものです。

おそらくテレビのワイドショーやコメンテーターであればそこまで突っ込んで話をすることとは思いますが、一般の方の中には思った以上にステレオタイプで表面的な事柄しか捉えられない人も多くいるので、今一歩進んだ報道の仕方をしていただきたたと思います。

この辺り、日本のメディアの一歩進んだ形を期待します。